「仮想通貨」とは?法定通貨(円やドル)と何が違うの!?その違いを1分で解説

はじめての方向け

インターネット上で使える新しいお金

仮想通貨はインターネット上で使える新しいお金と考えるとわかりやすいです。

ただし楽天ポイントやTポイント、その他の電子マネーと似ているようですが技術的に全く違い、ブロックチェーンという画期的な技術が使われていることが特徴です。

そしてインターネット環境があれば、つまりスマホがあれば世界中どこでも使用することが出来ます。法定通貨のようにその国の通貨に換金しなければ使えないという事がありません。インターネットを介して、瞬時に送金することも可能になりつつあります。

今現在、仮想通貨は3000種類以上もあるとされています。世界で初めて出された仮想通貨が、ビットコイン(Bitcoin/BTC)で、それ以外の仮想通貨をアルトコインと呼びます。

仮想通貨の特徴:テクノロジーで信用を担保する「分散型管理システム」

  • 管理体制が分散型

法定通貨が中央銀行に管理されていることに対して、仮想通貨は管理者が不在でその管理はブロックチェーンの技術とプログラムにより、インターネット上で接続された世界中にある沢山のパソコンで管理されています。

法定通貨が国の信用により担保されていることに対し、仮想通貨はテクノロジーの信用により担保されているということなのです。