仮想通貨Holochain(ホロ/HOT)がブロックチェーンを凌駕⁈ そのエコシステムが持つ可能性って?

通貨

仮想通貨Holochainは、分散型アプリケーション開発によって現代人の制御されたインターネットからの開放をめざしています。

Holochainの代表は、ネット上で行う私たちの全ての動作(google検索、facebook,やtwitter, amazonでの買い物、オンラインゲームなど)において、大企業のような仲介者達に私たちのデータが搾り取られており、それだけでなく知らない間にユーザー自らがアプリの規則を押し付けられ、「選択する」という機会すら無意識に奪われていると言います。

現存のアプリはプッシュやその他の機能でユーザーの注意を必要以上に引き、ユーザーが中毒になるようなものに作られてるとも言います。

これらを現在のウェブアプリの仕組みが作り出した「副作用」と考え、Holochainは、このような従来のアプリの仕組みを内側から改善すべく、従来のアプリが作られる仕組みそのものを大きく変化させようというプロジェクトで、個人間でのデータのやり取りを中央管理ではなく分散型で、かつブロックチェーンよりも安易でわかりやすく行えるエコシステムを作ろうとしています。

コミュニティが最大限に「学習」することができ、「リスク」を最小限に抑えることができる

これが分散型で学習する方法です。
しかし、誰もコンピューターでこれを実現したことがありません。
それをHolochainでは可能にし、新しい人々の連動の仕方を生み出します。

Holo(ホロ/HOT)の最新価格・相場・チャート・評価

Holo(ホロ/HOT)の特徴

特徴1:ブロックチェーンではないので、低コスト・高速・を実現

ブロックチェーン技術を凌駕するような近未来のエコシステムを生み出す分散型システムとして、Holo(ホロ)が、世界中でウェブホスティングをやっていく為には、手数料がほとんどかからず、取引処理能力も抜群に優れている事が条件として必要となってきます。

Holoの分散型システムはブロックチェーンではないので、その承認を必要とせず、Visaの一秒間に250,000取引を遥かに上回る取引を行うことが出来、敏速なデータのやり取りが行えます。

このことは取引処理能力に上限がないとも言えます。
また、手数料もほとんどかかりませんので上述の条件を満たすことが出来ます。

特徴2:ホストネットワークによる安全の保障

ユーザーがホストの立場になるので、より多くのエージェント(仲介者)がアプリを使用するほど、より多くのホスティングパワーとストレージが利用可能になり、ネットワークにかかる負荷を軽減してくれます。

※ホスト(ホストネットワーク)

ネットワーク上のユーザーなどに対して、データベース・サービス・アプリケーションなどを提供すること。

エージェント(仲介者)のソースチェーンは、アプリを実行するコードであるアプリの「DNA」を保持しています。それにより、安全なアプリが保証されることとなります。そのデータは偽造されたり、改ざんされたり、失われたりすることはなく、各アプリは、そのデータをDHTに保存して、ランダム化されたノード間で公開データを作成します。ノードがオフラインになると、DHTは自己回復し、異なるノードにデータを再調整するようになっています。また、誰かが自分のアプリケーションコードを変更した場合、共有されたDHTスペースから効率的に別のアプリケーションに分岐させることができます。

Holo(ホロ/HOT)の詳細

発行上限枚数:177,619,433,541枚

発行日:2018年4月30日

開発者: ARTHUR  BROCK

公式サイト:https://holochain.org/

Holo(HOT)爆上げの時期!

ICO(2018/04/28~05/28)

ERC20tokenとして発行。1Holo = 0.0002USD。

目的:今後1年間のソフトウェア開発・インフラ整備のため。

発行数:1770億

ICOを行ってから上場後は順調に4倍ぐらいに高騰したようです。2018年にICOを終了させたトークン(仮想通貨)による投資リターンTOP10にも入りました。

米国の有名な金融格付け会社Weiss Cryptocurrency Ratings の2019年の分析によると、Holochainがプロジェクトに成功した場合、1兆ドルを超える時価総額を持つ可能性があるとも言及しています。今後のプロジェクトの動向に注目です。

Holo(ホロ/HOT)の評価

Holo将来性

P2Pアプリケーションのための新たなオープンソースフレームワーク、Holochain(ホロチェーン)のコミュニケーションディレクターもまた、仮想通貨の今後については悲観的だ。


「ユーロや米ドルをはじめとする各国の通貨は、2038年にはほぼ消滅しているだろう。ビットコインやその他の現世代の仮想通貨も同様だ」


だが、楽観的な見方をしているものもある。それは、ブロックチェーン技術そのものだ。
「価値を持つようになった新たなトークンによって、(ブロックチェーンが)つぶされてしまっているということはないだろう。ただ、新たに活力を得た暗号化通貨のエコシステム(デジタル署名されたシグナルなど)に置き換えられている可能性はある」という。

技術的には、開発言語がJavaとかC言語の人でもブロックチェーンの開発ができるようになります。

イーサリアムはsolidityというのを使うのですが、holo使えばその必要がなくなります。

このことでdAppsの開発とかは飛躍的に進む可能性があります。

Holochainの掲げるプロジェクト理念は非常に革新的で、将来性を感じるものがあり、技術的な面でも将来性はあると思われます。

おすすめ取引所

  • Fatbtc
  • Binance
  • Hotbit