分散型金融サービスNuo NetworkでステーブルコインTUSDのレンディング可能に!

DeFiブログ

散型金融サービスNuo NetworkでステーブルコインTUSDのレンディング可能に!

分散型金融サービスNuo Networkが新たにTUSDをサポートすることを発表。これによりNuoでサポートされているステーブルコインは暗号通貨担保型のDAIと米ドルに担保されたUSDCTUSDの合計3種となった。※2019530日現在すでにTSUDを貸し出すことも、借りることも可能

Nuo Networkでは現在のETHDAIマーケットによるマージントレード(証拠金取引)に加えて新たにステーブルコインによる証拠金取引マーケットを加えたいとしており、そのために100万ドルのリザーブプールを用意することを直近の目標としている。

Nuo Networkの利用方法

Nuo NetwarkTUSDを利用するには、まずNuoアカウントを作成しておく必要がある。Nuoのアカウントはサイト内のsighupにアクセスし、ユーザーネーム、Eメール、パスワードの設定することで作成可能である。

その後、TUSDの貸出しを行いたい場合は、暗号通貨取引所またはWalletから作成したNuoアカウント宛に保有するTUSDを送信し、必要量を貸出開始することが可能。一方、TUSDを借りる場合は、ETHまたはNuoがサポートしているERC20トークンを用いてTUSDを借りることが可能である。

Nuo Network詳細

Nuo Network公式サイト Nuo Network Twitter

その他以下の記事もご参照ください。