PoolTogetherとは|「ハズレなし」の1ドル宝くじ!?当たればみんなの利息を総取り

DeFi(分散型金融サービス)

PoolTogetherとは|ハズレなしの1ドル宝くじ!?当たればみんなの利息を総取り

PoolTogetherとはその名の通り、「一緒に資金をプールしようぜ」という意味合いのアプリケーションであり、そのみんなの資金を元手に貸付を行い、利息を得るというものです。

その得た利息をどうするのか?この点がPoolTogetherのポイントになります。

公式サイト:https://www.pooltogether.us/faq

公式Twitter:https://twitter.com/PoolTogether_

PoolTogetherの基本コンセプトは「ハズレなし」

「ハズレなし」、これが意味するところが何なのかをご説明するためにもう少し具体的に仕組みをご紹介します。

まず、PoolTogetherを利用するユーザーはsaving ticket/貯蓄券」と呼ばれる抽選券を1枚あたり1DAIで購入します。DAIは米ドルとほぼ同じ価値になるので、チケット1枚あたり大凡1ドルと考えて頂くと良いです。※2019年7月、チケット価格を20DAIから4DAIへ値下げ、その後9月5日にV2移行後に1ドルへ変更

DAIについては下の記事をご参照ください。仕組みについて知りたい方はcDAIやCompoundもご参照ください。

この抽選券は、資金を調達している期間中であれば誰もが購入することが可能です。

この購入期間を過ぎるとプール内にあるDAI15日間ロック7日間ロックされて、引き出しができないようになり、その間に預けられたDAICompoundを利用して貸出され、利息を得る。

Compoundについては以下の記事をご参考ください。

ロック期間の日が過ぎると、チケット購入に充てたDAI

「全て抽選券購入者に返金」

されます。

ですので、PoolTogetherの抽選券は一旦購入するけれども、7日後には100%返金されるので「ハズレなし」ということなのです。

※2019年9月5日のV2移行後はいつでもDAIの引き出しが可能になりました。

みんなでプールした資金で得た利息は誰のもの?

日間で得られた利息は抽選券を購入した人の中からたった一人の人物が選ばれて総取りするという仕組みです。

PoolTogetherはお得なのか?

はじめにお得なのかどうかという点だけを説明しておくと、長期的には「別にお得ではない」ということが言えるかと思います。

ただし、それ以外の要素を加味すると「やる価値はある」と言えます。

Compoundでの貸出利率は年利815%あたりであることが多いので、例えば20ドルを9%前後で15日間貸し出したと仮定すると、約0.0739ドルを稼ぐことができます。

それに対して、上画像の条件(2019年6月25日付)でPoolTogetherを利用すると、利息は0ドルまたは1/1530の確率で115.41ドルを得ることができるます。※チケット購入者の増減により、当選確率も賞金額も変化します。

あくまでも確率で当たるものですので、以下のようにたった一人が得られる115.41ドルをチケット購入者1530人で割ると、一人あたり20ドルで15日間運用して稼ぐ利息がわかります。

1/1530×115.410.07543137ドル

なので、ざっくり計算すると20ドル当たり約9%運用された数値なので、長期的に見ればCompoundで地道に一人でDAI運用しても、PoolTogetherで運用しても同じくらいの運用成績になります。※あくまでも確率としてですので、現実は必ずしもそうならないこともありますので、悪しからずご了承ください。

その意味では「お得ではない」と言えます。

しかし、それでも「やる価値はある」というのは、この「長期的に」の度合いがどの程度なのかによるからです。

長期的というとパッとしないので、もう少し具体的な数値で示しておくと、上の数値を例にすると1530人分×15日=22,950

つまり63年後

には20ドルで同じくらいの運用成績になっている可能性があるということです。つまりは、時間にレバレッジ(上の条件で一枚だけ買うなら1530倍)をかけて資産運用できるかもしれない…という「期待感」を得られるという点だけを捉えると「やる価値はある」と言えそうです。

PoolTogetherとは、要はハズレのない宝くじみたいなもの

総括すると、PoolTogetherはハズレくじのない「宝くじ」ようなものという印象です。

巷で大々的に販売されている確率的にほぼ損をする宝くじと比較すると、ローリスクでちょっぴりワクワクが得られるという低刺激な娯楽として「PoolTogather」は良いのではないでしょうか。

あえていうならば、これは利息を利用したゼロサムゲームですので、15日間ロックされている期間に得られる予定だった利息分(0.1ドル未満)を半月分のワクワク代として許容できるかどうか細かいことをいうと20ドルを複利運用することを考えると長期的にはその分の利息も対価として許容できるかどうか)というところがポイントになるかと思います。

Pool Togetherの使い方

Pool Togetherで抽選券を購入するまでの流れをご案内↓