ブロックチェーンゲーム『9Lives Arena』をざっくり説明|enjin上のPvP RPG

9Lives Arena

9Lives Alena(以下9LA)とは、ブロックチェーンゲームプラットフォームENJINを利用したPvP RPGゲームです。

ENJINについては下記の記事をご参照ください。

9LAの特徴について本記事では説明していきますが、まず下の動画をご覧になって頂くと大まかな概要がつかめると思いますので、そちらをまずご覧になって頂き、その後下記の特徴をご参照ください。

9 Lives Arena(9LA)の特徴

Permadeath(パーマデス)=所有するヒーローは一度倒れると永遠に葬られる

ブロックチェーンを用いたゲームの特徴の一つ「ctr_Z」が使用できないという仕様をゲーム内要素に組み込むことで、既存ゲームの枠組みを超えたエキサイティングな内容に仕上げている点は9LAならではという印象を受けます。

???という印象を受けているかもしれないので、簡単に説明をすると、プレイヤーが操作するヒーローはバトルで負けてしまうと永遠にゲーム内から葬り去られてしまうということです。

倒されたという記録が改ざんが難しいとされるブロックチェーン上に刻印されてしまう為、その事実を改ざんすることはとても難しく、9LAのヒーローに経験値という概念があるのかは未確認ではありますが、育てたヒーローを二度と扱うことができなくなり、新たな別のヒーローを一から育て直す仕様のようです。

倒されたヒーローはその後トレーニングアリーナ内で過去の偉人としてその戦歴とともに彫刻として祀られるようですので、かつて存在したという証は残るようですね。

ちなみにトレーニングやフレンド同士デュエルではヒーローが抹消されることはないようです。あくまでも、アリーナ内のPvPバトルにこのルールが適用されるとのこと。

ヒーロー以外のアカウントに紐づいたアセットは引き継がれる

アカウントに紐づいたアセットは他のキャラクターでも使用できるようになっています。つまり保有しているその他アセット(アイテム、ゲーム内通貨、ヒーロー以外のキャラクターOoogyなど)はヒーローが倒されても引き継がれます。ただし、装備しているアイテムは負けると対戦相手に一部奪われるというルールがあるようです。

LAのゲーム内のキャラクターはヒーローとは別にOoogyと呼ばれるゲーム内を有利に進めることができると考えられる資源集めや工作を担当してくれる生き物が存在しています。下画像参照

決して可愛いキャラクターではないですね。触れているうちに愛着が湧いてくるのかもしれませんが。

Ooogyにはレベルの概念があり、経験値を積んでいくとレベルが上がり資源集めやクラフティング技術が向上していくようです。

Ooogyはプレイヤーのために、食料さえあればオフライン状態でゲームをプレイしていない時でも上記のようなことをやってくれるようです。公式サイトによるとOoogyとは「たまごっち」みたいなイメージでいるらしく、今後Ooogy用のモバイルアプリを開発する予定みたいです。

『資源集め&アイテムクラフト』について

資源集めについてはプレイヤー自身が行うこともできるようですが、主にはOoogyの仕事なので彼に任せた方が効率が良さそうです。

Ooogy魚のシチューが好物のようで、それさえ与えていれば喜んで資源集めやクラフト作業を代理で行ってくれるようです。ですので、いろいろな資源を求めて彷徨うよりは、魚釣りをしてOoogyの食べ物を確保する方を優先した方が効率的かもしれません。

9LAは2019年3月現在開発中のゲームですが、プレセールは開催されていますので、興味がある方は公式SHOPをのぞいてみてください。

今年の春あたりにはα版がリリース予定ですので、リリース後詳細がわかり次第ゲーム詳細を追記させて頂きます。