CRYPTOFIGHTS(クリプトファイト)とは?〜ENJIN×BITCOIN SV ベースのブロックチェーン3D格闘ゲーム〜

CRYPTOFIGHTS

CRYPTOFIGHTS(クリプトファイト)とは、PvPターンベースの格闘ゲームで、公式HPの見解だとストリートファイターをターンベースにしたようなイメージだということです。

ブロックチェーンゲームプラットフォーム『ENJIN』をベースに作成されていましたが、スケーラビリティ向上のために現在は『BITCOIN SV』のブロックチェーンも用いてゲーム開発が進められています。

ENJINとは?

BITCOIN SVとは?

公式からトレーラーが出されているので下の動画をご覧いただくと大まかな雰囲気を掴んでいただけると思います。

CRYPTOFIGHTS/クリプトファイトの特徴

「クリプトファイト」ゲームのルール

クリプトファイトのヒーローは3種族「ヒューマン、ドワーフ、エルフ」をベースに作成していきます。各種族の特徴や作成手順などを下の記事にまとめています。

各ラウンドの対戦相手決定方法

対戦相手の決定方法はゲームロジックに沿ってランダムに生成されたナンバーで決定されるようです。

先手の決め方:ターン制ゲームなので先行が有利なのは言うまでもありません。どちらが先に行動するかはサイコロによって決められるようです。

アタックロール:先に行動するプレイヤーがまず攻撃のターンになります。攻撃が相手にヒットするかどうかを決定。

ダメージロール:どれくらいのダメージを与えられるかもサイコロで決めるようです。

キャラクターに武具を装着可能

各キャラクターには武具を装着させることができるため、その点を工夫することで勝負の如何に影響を与えることができ、戦略性というコントロール可能なゲーム要素が加えられています。

すでに公式でプレセールが始まっているため興味がある方はセール会場をのぞいてみてください。CRYTOFIGHTS(クリプトファイト)プレセール:https://presale.cryptofights.io/

購入の際に利用ができる暗号資産はENJETHBTCLTCまたはPaypalを介してクレジットカード払いも可能です。

プレセールで販売されているチェストの価格は1個25ドルです。

中身は下の画像をご覧になって確認してください。剣や斧のようなものから鉄砲のような飛び道具まであります。この武器如何でステータスに変化が出てくるようです。

経験値(XP)という概念

ゲーム内のファイターにはレベルという概念があり、勝負に勝ってXPとゴールドを稼ぎ、XPはレベル上げに利用され、ゴールドはゲーム内マーケットプレイスで新たな武具購入などに利用することができるようです。

つまり課金して強くすることもできるけれども、ゲームを攻略しながらファイターを強化していくこともできると考えて良さそうです。※負けた時にXPやゴールドがどのような扱いになるのかは未確認です。

レベルが上がるとステータスが上がる等の他、より報酬の高いアリーナへの参加が可能になるようです。この点でプレイヤーレベルの格差が出ないように階級別の調整が行われるのかもしれません。

勝負の行方はプレイヤーの実力だけではなく、サイコロにある程度委ねられる。

クリプトファイトはストリートファイターのようなPvPバトルゲームであると公式では謳っていますが、ターン制であること、サイコロで行動パターンが決定する点などは大きく異なります。ターン制なので、先制攻撃できた方が有利なのは言うまでもありません。

武具やレベルなど、ある程度はプレイヤーがコントロールできる要素があるのですが、最終的には『運』というのがこのゲームの面白いところです。

血の滲むような努力でプロゲーマーを目指す必要はないので手軽さという点、誰にでも勝負に勝つチャンスがあるという点が一つの特徴と言えそうです。

武具はデジタルアセットとしてイーサリアムブロックチェーン上に記録されている

クリプトファイト内のすべての武具(武器、防具)はイーサリアムブロックチェーンに記録されています。

ENJIN Walletを用いることで手軽に管理することが可能で、プレイヤー同士での売買やトレードが可能です。

リリース時期はいつなのか?

公式で明確なリリース時期は表記されておらず『COMING SOON』とだけあるので間も無くなのではないかなと思います。

まずはじめにAndroidモバイルアプリでリリースする予定のようです。

その他各キャラクター情報などについては後日、改めて別記事で追記させていただきます。