ERC1155規格とは?遂にイーサリアム標準としてファイナライズ

ENJIN

ERC1155規格とは?遂にイーサリアム標準としてファイナライズ

EnjinCTOであるWitek Radomski氏がERC1155規格のトークンを導入してから早1年。2019618日に正式にイーサリアムトークン標準となり、イーサリアム開発コミュニティ全体で使用できるようになったことが明らかに。

ERC1155規格の特徴は、他のERC1155トークンを簡単に統合できる点にあり、この性質を用いて異なるゲーム、アプリなどの間で資産の運用性が高いエコシステムを構築することができる。※このようなエコシステムのことをEnjinは「マルチバース」と呼んでいる。

Enjinについては下の記事でまとめています↓

ERC1155とは?

ERC1155の基本アイデアは、単一のスマートコントラクトで無限のトークンを生成できる。つまりは、自販機でお金を投入したら様々な種類の飲み物と交換することができるという考え方と同じ。一方で、ERC20ERC721の場合は、単一のトークンタイプの作成と管理しかできないので、自販機にお金を投入しても出てくる飲み物の種類は1種のみで、たくさんの種類の飲み物から選ぼうとすると各種対応した自販機を揃えておかなければならないということです。

またERC1155ERC721と下位互換性があるように設計されており、またERC20トークンと同じように機能するアダプタを追加することが可能です。このため、ERC1155トークンは、ERC20ERC721トークンと同じように機能させることもできるということです。

現在すでに7,000人以上の開発者がERC1155規格のブロックチェーンアセットを作成し、ゲームやアプリ、Webサイトなどに統合し、マルチバース拡大に向けて開発進行中です。