HTC製ブロックチェーンスマホ「EXODUS 1」にDecentralandマーケットを導入

Decentraland(ディセントラランド)

HTC製ブロックチェーンスマホ「EXODUS 1」にDecentralandマーケットを導入

2月26日、Decentraland公式ブログにてブロックチェーンスマートフォンHTC『EXODUS 1』にDecentralandのエコシステムを導入することを発表しました。 スマートフォン上で直接秘密鍵を管理することができるため、仲介者を挟まずにDecentraland上のデジタル資産の管理、マーケットプレイスの利用等を安全に一元管理することが可能になりました。※Decentralandの仮想の土地(ERC721)、MANA(ERC20トークン)はZion Vault(ざっくり言うとハイセキュリティな保管場所)というシステムによってサポートされています。 Decentralandは間も無くエディターでドラッグ&ドロップで簡単操作できるベータ版を開始するようです。3月15日からはランド設計コンテストも開始予定です。Decentralandはブロックチェーンを用いたユースケースとして注目が集まりそうな予感がしますね。  

HTC EXODUS、Zion Walletについて

Zion WalletとはEXODUSにデフォルトで内蔵された秘密鍵を持つブロックチェーンウォレットのことです。秘密鍵を自己管理することができるため利用者の資産(秘密鍵)を一元管理している取引所とは異なり、資産を分散化できているためハッキングのリスクを低減させることができるというメリットがあります。 EXODUSで行えることはトランザクションの実行や各種暗号通貨、デジタル資産の閲覧、送受信など基本的な機能は実装されているようです。 管理することができるデジタル資産はBTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、LTC(ライトコイン)、ERC20に準拠したトークンの一部、ERC721に準拠したデジタルアイテムです。 EXODUS詳細については公式サイトをご参照ください。