アマゾンでイーサリアム決済可能に!?|仮想通貨決済企業がブラウザ拡張機能を開発中

ニュース

大手ネットショッピングサイトであるアマゾンでイーサリアムによる決済が可能になるブラウザ拡張機能が開発中であることが明らかになった。開発は仮想通貨決済企業CLIC社とブロックチェーンインフラとB2Bプラットフォームを提供するOpporty社が共同で行っている。

アマゾンにおける秒あたりのトランザクション(取引)件数は毎秒300件以上を処理しているとされているが、一方でイーサリアムが処理可能なトランザクション数は20/秒。この点が仮装通貨決済を現代ネット社会へ導入する際の課題とされていた。

この課題に対し、CLIC社はOppoty社が提供する「Plasma Cash」を用いることで、システムの負荷を軽減しながらトランザクション速度を劇的に加速させることに成功した。両社関係者によるとビザやマスターカードを超える決済速度になる可能性も指摘されている。

また両社は決済に用いることができる仮装通貨をイーサリアムだけではなく、ERC20ERC721規格に準拠したトークン利用できるようなプラットフォーム作成も計画しているようだ。今後さらなる市場拡大が見込まれているeコマース市場に仮想通貨がどのように関係してくるのか、この点に今後注目が集まるのではないだろうか。