中国検索エンジン大手の百度(バイドゥ) DApps開発用OSをローンチ

ニュース

中国で最大の検索エンジンを提供する百度(バイドゥ)が分散型アプリケーションの開発を容易にするために設計されたオペレーティングシステム(OS)のローンチを発表した。

百度クラウドによると、Baidu Blockchain Engine(BBE)という名称のこのOSは、オープンソースであり、ブロックチェーンOSを開発できる唯一の商品化されたプラットフォームだという。BEEは従来の問題に対応できるように設計され、インテリジェントクラウドプラットフォーム上に構築されている。

BEEではマルチチェーンなどのフレームワークやスマートコントラクトやDAppsのテンプレートが開発者に提供される予定。個人情報保護やセキュリティ向上を図ることも可能で、分散型アプリケーションの開発を携帯向けアプリと同等程度に容易なものにすることを目指しているという。

BEEには百度プライベートクラウドとの互換性もあるなど柔軟なBaaSプラットフォームとして利用することが可能であり、ユーザーは様々なビジネスシーンに合わせたDAppsの実装が可能になる。

百度は人工知能(AI)、ビッグデータ、クラウドコンピューティングの領域に力を入れており、これら頭文字を取りABC戦略と呼んでいる。今回発表されたBBEもこのABC戦略に沿ったもの。