BlockFiでGUSDのレンディングサービス開始、年利最大6.2%で運用可能

DeFi(分散型金融サービス)

BlockFiGUSDのレンディングサービス開始、年利6.2%で運用可能

2019529日、BlockFiが新たにGUSDサポートを発表した。米国外のBIA(BlockFi Interest Account)クライアントは、GUSD年利最大6.2%での運用が可能となる。※GUSDGemini Dollar)とは、ウィンクルボス兄弟が運営するGemini Trust Companyが発行する米ドルにペッグされたステーブルコインである。

GUSDのレンディングサービスを利用する際は、最低でも2,500ドル相当GUSDからが受付条件となり、この場合の最大年利は6.2%となる。利息の配当は月ごとに行われるが、引き出しには約1ヶ月ほどかかることに注意しておきたい。また10万ドルを超えるGUSDを運用する場合は、年利1.5%となる。

20195月現在は米国の顧客は対象外となるが、今年後半にサポートする予定であるとのことだ。今回米国が除外されているのは、米ドルに担保されたステーブルコインに関する規制が明確に欠如していることを理由に挙げており、今後可能な限り早くBlockFiクライアントにGUSDを利用してもらえるように弁護士と積極的に協力していく構えを示している。

BlockFi詳細

・BlockFi公式サイト

・BlockFi Twitter

GUSDについては以下の記事もご参照ください。