SLIVER.tvがBraveブラウザと広告提携を発表

ニュース

web3.0ブラウザBraveがSLIVER.tv(Theta Network)との広告提携を発表した。SLIVER.tvはBraveの検証済みパブリッシャーとなり、一方のBraveはSLIVER.tvのスポンサーとして広告掲載をするということだ。

月間700万人のアクティブユーザーを擁するとされているBraveブラウザはブロックチェーンベースのデジタル広告プラットフォームを組み込んだWebブラウザです。Braveでは広告収入の70%をERC20規格に準拠したBasic Attention Tokens(BAT)として広告閲覧ユーザーに還元するという革新的な報酬制度を設けています。一方のSLIVER.tvは月間300万人のアクティブユーザー抱えており、ビデオストリーミングでTFUEL(ERC20)を獲得できるというプロジェクト。

今回の提携企画第一弾として、マーケティングキャンペーンを実施する予定で、Braveブラウザ上にSLIVER.tvの広告表示、そしてSLIVER.tvでBraveブラウザの広告表示を行うようだ。両社ともにERC20に準拠したユーティリティトークンを発行しており、それぞれのユーザーがブロックチェーン技術に親しみがあることから協業することによって両社ともに新規ユーザー獲得が見込めるとしている。