メタップスプラス、国内初のブロックチェーンを用いた「KYC」技術特許を取得

ニュース

メタップスプラス、国内初のブロックチェーンを用いた「KYC」技術特許を取得

メタップスプラス(メタップスグループの韓国子会社)がブロックチェーンスマートコントラクト技術を用いた「KYC」技術特許を日本国内で取得したことを明らかにしました。ブロックチェーン関連でユーザー識別に関連する特許は国内初であり、本人確認にかかる手続きの簡略化をはかる試みは今後注目されていく可能性のある領域でもあります。

KYCKnow Your Customer)とは、新規口座開設する際に要求される顧客本人の身元確認手続きの総称のことですが、今回取得した特許技術はこのKYC認証の際にかかる人的・金銭的コスト削減を目的にしています。

同社は今回取得した特許技術に関して以下のように説明しています。

ブロックチェーン上で実現する「KYC」は、スマートコントラクト間のトークンの流れを利用して、ユーザーの識別手続き解決するための技術であり、ユーザーのデジタルウォレットアドレスを通じて個人情報を管理、ブロックチェーン内のトークンの流れを制御するための分散型台帳装置及びその利用手段、トランザクション情報ブロードキャスト装置及び利用手段を提供します。

具体的にどんなことが実現できるのかというと、利用者が認証事業者によって身元等が認証済みの個人情報をブロックチェーンアドレスに関連づけて記録しておくことで、KYC認証が必要なサービスを利用開始する際に必要な事務手続きを安全にかつ簡単でスピーディーに行えるようになるなどが考えられています。

メタップスプラス公式サイト:http://www.metaps-plus.com/