Propyが日本で初めてブロックチェーンで不動産取引を完了

ニュース

Crypto BriefingのニュースによればPropy社が、アジア太平洋地域で初めての取引として、日本においてブロックチェーンに記録された2件の不動産取引を完了したと発表しました。

いずれも北海道ニセコの住宅地で、Propyブロックチェーンネットワークを利用して香港を拠点とする投資家によって購入されました。

Propy社のプラットフォームは、売り手、買い手およびエージェント間の安全な通信チャネルを使用して国境を越えた取引を容易にし、契約上の合意を遠隔で完了できるようにすることを目的としています。

同社は、可能な限りブロックチェーン技術を実装することによってすべての不動産取引を合理化しようとしており、この2つの取引が将来の不動産取引の先例となることを期待しています。

「私たちは積極的に私たちの取引プラットフォーム上のボリュームを増やすために先進的な国際的な不動産会社をサインアップしている、」Prory社のCEO Karayaneva氏は語りました。「これら2つの取引は、次世代の不動産取引が世界中で進化している中で、私たちが最初の取引であると感じているものです。」

2つの取引とも日本円で決済が行われた模様です。
支払い方法として、
・銀行振込 ・従来の法定通貨または仮想通貨での支払いをサポートしています。

今回投資家は、1つのオンラインソリューションで不動産取引を簡素化するProryプラットフォームに感銘を受けた模様です。

北海道トラックス不動産のセールスマネージャーのPaul Butkovich氏は、
「Propyを使いだしてすぐに、私のセールスチームが購入者、販売者、弁護士とのコミュニケーションを1つのユーザーフレンドリーなオンラインプラットフォームに合理化できることに気付きました。契約に署名し、安全にそして安全に価値を送ることができることは、標準的な不動産販売プロセスと比較してPropyが持つとても大きな利点です。」と、ブロックチェーンが業界にもたらした効率性を強調しました。


Propyはオールインワン不動産取引管理プラットフォームとして、ストレージ、DocuSign、および開示を使用することで、取引を迅速、安全、かつ完全にオンラインで終了できます。
DocuSignインターフェースは、文書の印刷、署名、およびスキャンに代わるもので、このツールは、トランザクション管理プラットフォームと完全に統合されています。
オンライン上で世界中の不動産を購入でき、なおかつ自身の不動産の買い手を世界中に探すことができます。
合理化により、手数料を大きく節約することができます。

いままでの不動産業界の在り方が、根底から変わるのかもしれません。