テレグラムの独自仮想通貨Gram、7月10日に海外取引所Liquidで一部販売を公表

ニュース

テレグラムの独自仮想通貨Gram710日にLiquidで一部販売を公表

昨年2回にわたるICO17億ドルの資金調達に成功したメッセージアプリ「テレグラム」のGramトークンが、10月の発売前に海外仮想通貨取引所Liquidで販売される予定であることが明らかになりました。

710日に開始されるトークンセールはテレグラムが開催するものではなく、韓国企業Gram Asiaが保有するGramトークンの一部をLiquidにて一般販売される予定です。なお、現時点ではトークンの価格などは公表されていません。

また今回のセールでの購入者は、実際にGramトークンを受け取るのではなく、10月予定の正式トークン発行まで待たなくてはなりません。つまり購入したという権利は得られるが、トークンの移動、取引、引き出しは10月の正式販売までできないということです。このような販売形式はSAFTSimple Agreement for Future Token)といい、その場合「証券」とみなされる可能性があります。その点を配慮してか日本、アメリカを含む世界50カ国以上での販売は制限されています。