Visa、これまでよりも早くて安い国際送金可能なVisa B2B Connect発表

ニュース

2019611日、VISAはブロックチェーン技術を一部用いた企業間国際決済ネットワークVisa B2B Connectを商用リリースしたことが明らかになりました。

今回新たにリリースされたサービスVisa B2B Connectにより、国境を超えた銀行間のダイレクトな取引を可能にし既存の国際送金ネットワークに比べて圧倒的な早さと安さを実現できます。

Visa B2B Connectは立ち上げとともに全世界で30以上、2019年末までには最大90の国と地域にマーケットを拡大させる予定です。

現在の国際送金のほとんどはSWIFTのシステムを介して行われており、小規模銀行への送金は仲介銀行を通して行うために手数料と時間のムダが生じてしまいます。今回のVisa社の事例に限らず、このような送金手数料や時間の効率化のためにブロックチェーン技術を活用し送金元と送金先をダイレクトにつなぐ動きが近年活発化してきています。

コンサルティング会社アクセンチェアの調査によると、国際間決済市場は2022年に30兆ドルを超えるとも予想されており、今後ますます国際間決済市場におけるこのような動きが活発化していくのではないでしょうか。