新たなNFT「暇なエイプ達のヨットクラブ」が次のポップカルチャーを席巻する-Bored Ape Yacht Club(BAYC)

BAYC NFT

暇なエイプのNFTアバターであるBored Ape Yacht Club(BAYC)が、NFT市場の売上で上位に位置しています。

「Cryptopunks」に代表されるNFTアバターは、SNS上でユーザーが自分のアイデンティティを表すために使用するもの。BAYCは猿をモチーフにしたコレクター向けのアートで、この市場を魅了しています。Cryptoslam.io によると、過去1か月で3600万ドルの売り上げを記録しており、Axie Infinity、NBA TOP SHOTに次いでNFTコレクタブル市場で第3位となっています。
Slide3-2 (2)
BAYCのBored Apeは全てユニークであり、表情、帽子、衣類などを含む170以上の特性が可変であり、プログラムで生成されます。中にはレアパーツも存在します。

BAYCはコミュニティの形成を重要視しており、専用クラブを設置しています。BAYCのホルダーはこれらのコミュニティへのアクセス権を得たり、特典を得たりすることができます。著名な参加者には、NBAのルーキー・オブ・ザ・イヤーに輝いたLaMelo Ballや、ヒップホップスターのWacka Flockaなどがおり、BAYCの地位向上に役立っています。

NFT購入者はアバターの商業権を得るため、ファッションアイテムやグッズといった派生商品での活用が可能です。過去に独自のアート作品を制作したり、売上をチャリティに寄付したりしています。

BAYCはプレセールで1万枚のエイプが0.08 ETHで販売されました。設立者は販売収益の2.5%の手数料を受取り、その一部をコミュニティに還元しています。現在、Bored Apeの平均価格は1.77 ETHです。