NFT

Hyperspace(旧Solanalysis)、約51億円の資金調達

ソラナ基盤のNFT情報サイト「Solanalysis」が「Hyperspace」へと社名を変更し、約51億円(450万ドル)の資金調達を行いました。

同社は数か月前にも資金を調達しており、数か月後にも再度調達する予定があるとのことです。

今回のラウンドはDragonflyとPantera Capitalが主導しました。

他の参加プロジェクトは以下の通りです。

Jump Capital, Solana Capital, NFX, Galaxy Digital, Shima Capital, Coinbase Ventures, Sfermion, 6th Man Ventures, Soma Capital, Social Capital, Folius Ventures

Hyperspaceとは?

Hyperspaceとは、旧「Solanalysis」として知られているソラナのNFT情報サイトです。

Solanaブロックチェーン上に展開されたNFTコレクションの追跡から始まり、ローンチパッドの追加やユーザーが自身のNFTを追跡できる機能などで事業を拡大してきました。

Hyperspaceとなった現在、NFTをひとつのプラットフォームで購入できるようにするアグリゲーターを計画中。

各マーケットプレイスのスマートコントラクトで直接やり取りをすることで実現する予定です。

実現すれば、ユーザーは主要なSolana NFTマーケットプレイスのどれからでもNFTを購入することができるようになり、また、全てのNFTを1箇所で閲覧できるようになる予定。

共同設立者のKamil Mafoud氏は「NFTの取引には常に買い手と売り手が存在する。私達は、いつもその間に位置するプラットフォームでありたい。」とコメントしています。

Hyperspace概要

公式サイト:https://hyperspace.xyz/

Twitter:https://twitter.com/hyperspacexyz?s=20&t=7umaDATftm7EPq0WkijciQ

Discord:https://discord.com/invite/TH7Gs8naRH