MENU
NFT

Flowブロックチェーン上のNFTプラットフォーム「Kollektion」は約7.4億円の資金調達を実施

NFTプラットフォームの「Kollektion」を運営する「KLKTN Limited」が、約7.4億円(640万ドル)の資金調達を実施したと発表しました。
今回の出資者は下記の通り。
  • 元ソフトバンクグループ副社長の佐護勝紀氏
  • 「The Sandbox」を提供するAnimoca Brands
  • Flowブロックチェーンを開発しているDapper Labs
  • など
Animoca Brandsの共同創業者兼会長Yat Siu氏と、Dapper LabsのCBO兼共同創業者Mik Naayem氏は、以下のようにコメントしています。 Animoca Brands 共同創業者兼会長 Yat Siu氏コメント 「KLKTNは、クリエイターとファンの関わり方に革命を起こし、新たな機会を創出するリーダーとなる一社です。世界のNFTトレンドと機会を、特にアジア地域に住むファンエンゲージメントのダイナミクスと融合させるKLKTNチームの能力は、今後も革新的でパワフルな、NFTによる体験をファンに届けていくだろうと確信しています。」 Dapper Labs CBO兼共同創業者 Mik Naayem氏コメント 「KLKTNは、素晴らしいユーザー体験とコンテンツを提供することで、いかにNFTが人々を結びつけ、新しいグローバルなコミュニティを創造できるかを証明しています。今後数ヶ月の間に、このプラットフォームがどのように市場を拡大していくのか、楽しみにしています。」 今回調達した資金は主に技術面の開発に使用するとしており、「2022年中にも、二次流通およびオークション機能、コミュニティイベント活性化を目的とした新機能の実装を予定」しているとのことです。

資金調達をした「Kollektion」とは?

「Kollektion」はFlowブロックチェーン上のNFTマーケットプレイス。元ライフネット生命保険取締役会長の岩瀬大輔氏と、音楽プロデューサー・ソングライターのJEFF MIYAHARA氏、そして Crypto Kittiesの開発をエンジニアとして主導したFABIANO SORIANI氏が立ち上げました。 Flowブロックチェーン上に構築されているためガス代が安いほか、クレジットカード決済も特徴です。これまでにはロックミュージシャンのMIYAVI氏がNFTコレクションを販売。また、12月からは「code:ノストラ」という漫画作品のNFTの販売も行っています。

「Kollektion」詳細