NFT

DeFiとゲームを組み合わせたMOBOX( $MBOX )のNFT農業について解説

MOBOXは対戦ゲームとNFTの「play-to-earn」モデルにDeFi要素を取り入れた革新的な「GameFi」プラットフォームを構築しています。ユーザーは無料でプレイして稼げるだけでなく、PancakeSwapへの流動性提供によってゲームアイテムNFTを獲得できます。Game化されたDeFiソリューションである「GameFi」は今後数ヶ月の間にブロックチェーン技術と分散型金融のトレンドの一つになると言われており、チェックしておきたいところです。

MOBOXのGameFi
MOBOX1

MOBOXでは、ステーブルコインやLPトークンのリクイディティマイニングによってMOMO NFT獲得に利用できる「鍵」を生成します。そしてMOMO NFTをステークすることでガバナンストークンMBOXを取得できます。この際各NFTが持つハッシュパワーに応じて、MBOX発行量が変化します。

MOBOX2

また、MOMO NFTを市場で取引したり、MOBOXのゲームでプレイすることでMBOXトークンを取得することも可能です。MOBOXは設立から約3か月で40万以上のNFTが作成され、TVLは1億ドル、NFT累計取引量は45,000,000ドル、ユーザーベースは26万を突破しています。過去24時間で5,000以上のユニークウォレットが観測されています。

MOBOXはBSCでスタートしており、デスクトップ及びモバイル(Android・iOS)アプリからアクセス可能です。MOMO NFTはMOBOX以外のパートナープラットフォームでも利用可能になる予定で、BSCだけでなくETH、TRXとの間でNFTブリッジが構築されています。

参考:

CoinMarketCap

クロームプラグイン
iOSAndroid