My Neighbor Alice ( $ALICE ) のNFTローンとNFTレンタルに注目

MNA NFT

My Neighbor Aliceはマルチプレイヤービルダーゲームで、誰でも仮想の島を購入して所有し、レアアイテムを集めたり、新しい友達と交流したりできます。

ゲームは「あつまれ どうぶつの森」に着想を得ており、農地で作物を育て、他のプレイヤーに売ったり、自分の土地を他のプレイヤーに貸し出したり、他人の農業を手伝ったりして収入を得ることもできます。特筆すべきはサンドボックスであるということ、ゲーム経済はプレイヤーによって運営されており、プレイヤー同士の相互作用によって、機会に満ちた活気ある経済が生み出されています。ゲームユーザーとNFT収集家の両方が満足するようなエコシステム構築を目指しています。

My Neighbor Aliceは無料でプレイできますが、ゲームを始めるためにはアバターアイテムや土地を購入する必要があり、それらはNFTで交換可能になります。ゲーム内の様々なイベントや大会、トーナメントに参加することで、ALICEトークンを獲得することができます。

Gamified Finance

My Neighbor Aliceはファイナンス機能の開発にも積極的です。NFT担保機能は、NFTに金利を付けたり、NFTを流動化したい時に役立ちます。ユーザーがシステムからNFTを購入すると購入価格の一定割合が担保口座にロックされ、担保額でNFTをシステムに売り戻す(バーンする)オプションがあります。これによりNFT価格の一定の閾値を確保でき、NFT担保融資が可能になります。

また、賃貸プロセスを管理するスマートコントラクトを使って、ユーザー間の土地NFTのレンタルが促進されます。プログラムにより、借り手はアイテムを転売したりバーンしたりできず、レンタル期間が終了したらアイテムが所有者に戻ります。

My Neighbor Aliceは、Chromiaネットワークをバックエンドに利用しており、対応する他のタイトルがゲームの世界を超えてアセットを共有できるようになっています。エコシステムへの参加者が増えれば、複数のゲーム内経済の間で複雑なシナジー効果が生まれます。また、あるゲームで獲得したアセットが、別のゲームでのユーザーの成長を助けるという、クロスアプリ・アドベンチャーの可能性も広がります。

ALICEトークン

ALICEは、アバターのゲーム内アセット、土地、化粧品の購入に使用したり、ステーキング報酬を獲得できます。ALICEホルダーは、プロトコルトレジャリーの管理、ゲーム開発、および成長を決定する分散型ガバナンスプロセスに参加できます。

開発動向
ゲームのテスト版は9月にリリース。完全なリリースは来年春の予定です。11月にはCromiaと8000万ドルのメタバース開発助成プログラムを設立しました。My Neighbor Aliceはクリプトゲームを禁止しているはずのSteamにも掲載されています。

Whitepaper