VeVeとは?大人気アメコミマーベルのNFTをスマホアプリで

https://www.ecomi.com/
NFT

アメリカの人気漫画出版社であるマーベルがNFT事業に乗り出しました。

アイアンマンやスパイダーマンが有名ですが、それらのキャラクターの3Dアセット、デジタルコミックなどを購入可能になるそうです。

このマーベル作品のNFTはVeVeというプラットフォーム上で販売されることも決まりました。

この記事では

  • スマホでNFTが簡単に買えるVeVeについて
  • VeVeでNFTを購入する方法

についてご紹介します。

ぜひ最後までご覧ください。

VeVeとは

VeVeはOrbis Blockchain Technologies Limited,が開発しているiOS、androidのアプリです。

NFTの購入だけでなく、自分のショールームに展示したり、AR技術を活用して自分のNFTを画面上で自分の部屋に展示することも可能です。

またNFTの購入に際して仮想通貨(暗号資産)は必要ありません。クレジットカードでジェムと呼ばれるアプリ内通貨を購入するだけで、NFTを購入することができます。

つまり仮想通貨に慣れていない人でも触れやすい仕組みになっているのです。

VeVeの特徴

マーベルを含むさまざまなNFTを提供

先ほどご紹介した通り、VeVeはマーベルのNFTを提供することで話題になりました。

実はそれ以前からバットマン、アドベンチャータイム、ウルトラマンなどのNFTを提供しており話題になっています。今後は日本人には馴染みのあるモンスターハンターのNFTを提供する可能性もあるようで、期待されています。

バーチャルショールームとAR機能

コレクターの人は自身の所有しているアイテムを仮想ショールームに展示することができます。これにより他のユーザーに自身のアイテムを披露することが可能です。

またARの機能を使うことで、スマホで自身の部屋などにアイテムを表示させることができます。

マーケットプレイス

またNFTを購入できるだけでなく、自由に売買するマーケットプレイスもあります。

ここではさまざまな作品がオークション形式と、提示価格で買う2通りの方法で購入可能。

後ほどマーケットでNFTを購入する手順もご紹介します。

環境に配慮したNFT

VeVeは持続可能性にも強い問題意識を持っています。使用しているのはGoChainであり、NFTの規格はGO721です。

このブロックチェーンはEthereumよりエネルギー効率が99%よいと言われており、スピードも早いとされています。

GoChainは100%Ethereumと互換性があり、同じスマートコントラクトと同じツールを使用することが可能です。

VeVeはしばらくの間、NFTの発行に必要なマイニングの排出量に合わせて、カーボン・クレジット(CO2の排出枠)を購入します。

今後は完全なカーボンニュートラルを目指しており、VeVeのCEOであるDabid氏は以下のように述べています。

物理的な製品からデジタル製品への移行により、パッケージング、ロジスティクス、製造廃棄物がすでに削減されていますが、製品が可能な限り環境に配慮していることを確認し、二酸化炭素排出量と環境への影響を完全に中和することに取り組んでいます。

VeVeでNFTを購入する方法:ウルトラマンのポスターを買ってみました

公式サイトに入りアプリをダウンロード

JOINをクリック

アドレスとパスワードを設定して、SIGN UP

登録したアドレスに届いたメールを確認

届いたメールをクリックすると、アドレスが確認されて、アプリに戻ります。

ニックネームと性別、誕生日を入力してNEXT

最後にお気に入りのブランドを選びます

筆者はウルトラマンがあったので、ウルトラマンを選択しました。

これで登録完了です!次に実際のアプリの使い方を見ていきましょう。

アプリの5つの機能

アプリを開くと5つの項目が画面下にあるのがわかります。

左から

  • Store:ブランドごとのストア
  • Collection:自分のNFTをコレクションする場所
  • Feed:NFTを投稿することができる場所
  • Market:ユーザー同士でNFTの売買が可能
  • Profile:自身のプロフィール

です。

では早速NFTを購入してみましょう。

NFTを購入するには仮想通貨が必要ではなく、アプリ内通貨のジェム(GEM)を購入する必要があります。通常のAppleStoreと同じ手順で購入できるので便利です。

Profile→Walletをクリック

Get More Gemsをクリック

数量を選択して購入します

ジェムの購入完了です

Market→欲しいNFTを購入

次にマーケットに入るとウルトラマンのポスターがあったので、購入してみます。

こちらはマーケットで値段を確認して買うだけなので簡単でした。全部で5分くらいほどだったと思います。

VeVe詳細

公式サイト:https://www.veve.me/

Twitter:https://twitter.com/veve_official