DeFiアプリ「Outlet」とは|DeFiをよりシームレスにつなぐ手数料無料On-ramp機能付き高金利預金

レンディング/融資

Outletとはイーサリアムブロックチェーン上で機能する銀行のような役割を担うモバイルアプリケーションです。既存の銀行口座から米ドルをOutletへと送金すると米ドルがDAI(米ドルにソフトペッグ)へと変換されて、そのまま貸出されて金利を稼ぐことができるようになります。

既存の銀行口座に資金を預けたままですとほとんどないに等しい低金利預金になってしまいますが、DeFiレンディングプロトコルを利用したOutletに預金するとより高い金利が得られる預金となります。※銀行などの仲介者を排除した状態で資金を貸し出しているため。

OutletはDeFiレンディングプロトコル「Compound」や米ドルにソフトペッグされたステーブルコイン「DAI」、米ドルをDAIへ変換する「Wyre」を用いて「預金」「ドルをDAIに換金」「資産をスマートコントラクトに送金」「金利を稼ぐ」という基本的な銀行機能を提供していく予定です。※現在開発中のためサービス利用はできませんが登録のみ可能

Outletの特徴

誰もが利用できるように

OutletはDeFi(分散型金融)の利用障壁を下げるために、簡単なKYC認証登録をして既存の銀行アカウントを統合できるようになっています。(Plaidを利用)

簡単にいうとChrome拡張機能のようなもので、法定通貨と暗号資産(旧仮想通貨)をシームレスにつなぐための仕組みです。ちなみに銀行口座情報は保存されません

既存の暗号資産ユーザーにとってのメリット

法定通貨→DAIへの変換手数料は「無料」

Coinbaseやその他従来のon-ramp(法定通貨→暗号資産)は3%以上の手数料がかかりますが、Outletでは手数料がなんと「無料」です。※ただし、日本の銀行は接続されてませんし、日本円も対応していません

税金に関連する履歴管理が簡単

米ドルからDAIへ変換し、そのままCompoundへ貸出しされるため他のトークンへスワップする必要もなく、複数ウォレットを追跡する必要もないため税金の管理がとても簡単に行えます。

新規暗号資産ユーザーのメリット

高金利預金

「高金利預金」、これに尽きます。既存の銀行預金と比較するとDeFi関連の預金の方が金利が高いという傾向にあります。利用している銀行の金利とOutletが可能にする金利を比較するとわかると思いますが、Outletでの預金金利は「おおよそ年利12%」。※この金利はCompoundというレンディングプロトコルを利用しており、需要と供給バランスによって常に変化しています。供給量が過剰になれば年利は下がりますし、需要の方が高まれば年利が上がるためあくまでもおおよその数値でしかありません。