GMOコイン口座へお金を送金する方法

はじめての方向け

GMOコイン口座へお金を送金する方法について説明します。

まだGMOコイン口座を開設していない場合はまずそちらから済ませてください。

1.GMOコインへログインします

左上の部分をクリックして開く

 

入出金の日本円を開く

 

お金を送金する自分の銀行を選択する

 

入金する金額を入れる(ここでは1万円を入れてみる)

 

選択した銀行のページへ進んで、そこから送金手続きをする



 

無事、送金完了すると

 

閉じるをクリックすれば口座情報で、10000円の入金が確認できました。

 

無事、送金完了‼

 

GMOコインの特徴、メリットは?

 

取扱通貨 ビットコイン(BTC)・イーサリアム(ETH)・ビットコインキャッシュ(BCH)・ライトコイン(LTC)・リップル(XRP)
取引所・タイプ 販売所 ・ 取引所
取引手数料 無料
口座開設手数料 無料
入金手数料

無料(振込入金の場合を除くーこの場合はユーザー負担)

 

出金手数料 無料

GMOは「販売所」「取引所」を両方有しています。

そして、GMOの「販売所」の手数料は、他の販売所と比べて圧倒的に安いです。(通常、「販売所」は買い手と販売所の間で取引が行われ、価格が固定されているので数量を入れたら簡単に売買が成立するという仕組みですが、取引所と比較して割高になるといった特徴があります)

ただしスプレッドの幅はかなり広めです(スプレッド幅縮小キャンペーン中2018年11月現在)
スプレッドの幅が大きいとその分トレードで利益を出すのが難しくなります。

入出金の手数料が無料‼


即時入金の場合は、口座へお金を振り込む手数料を負担してくれます。 
又、出金の際の手数料も無料という、これはとても大きなメリットです。

即時入金とはネットで振込が可能な入金方法のことです。

提携先の楽天銀行住信SBIネット銀行、ネットバンキングが利用できればみずほ銀行三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、ゆうちょ銀行からはネット振込すれば無料で入金が可能。

大手GMOグループに属している安心感

運営母体が1部上場企業であることは、大きな信用となっています。

貸仮想通貨サービスを行っている


これは、3か月満期で年利約5%で仮想通貨を貸し出すレンディングシステムです
4月度募集
2018年4月11日~5月2日 ビットコイン
ビットコイン(BTC)

– 申込単位
10 BTC ~200BTCまで

5月度アルトコイン募集
2018年5月9日~5月23日 アルトコイン

– 対象通貨
イーサリアム(ETH)
ビットコインキャッシュ(BCH)
ライトコイン(LTC)
リップル(XRP)

– 申込単位
イーサリアム:100 ETH~1000ETH
ビットコインキャッシュ:50 BCH~500BCH
ライトコイン:300 LTC~3000LTC
リップル:100,000 XRP~1,000,000XRP