仮想通貨Litecoin(LTC/ライトコイン)の将来性・特徴・詳細|地味だけど、将来性は有望?!ビットコインを踏襲しつつ、より決済手段として使いやすいように改良

暗号資産(プロジェクト)

ライトコイン(Litecoin/LTC)は、ビットコイン(BTC)の次に歴史ある通貨です。ビットコインが仮想通貨の金と表現されることと比較して、ライトコインは仮想通貨の銀と比喩されます。

2011年にGoogleのエンジニアだったチャーリー・リー(Charlie Lee)氏が開発しました。モノやサービスの決済手段として普及させることを目的に、ビットコインのソースコードから派生させ、一部を改良しマイニングしやすい設計へと変更し、誕生に至りました。

Litecoin(LTC)の最新価格・相場・チャート・評価

 

 

Litecoin(LTC)の特徴

特徴1:取引スピードを上げるSegwitを実装した初めてのアルトコイン

ライトコインはSegwit技術を初めて導入したアルトコインです。

Segwitとは、「スケーラビリティ問題」や「マリアビリティ問題」を解消するための技術です。

取引データを圧縮することで、一つのブロックに多くの取引量を格納することができるため、承認速度の向上や、手数料の高騰を抑えることができるため、スケーラビリティ問題が起きる可能性を緩和することができます。同時に「二重取引」が起こってしまうマリアビリティ問題にも対応しています。

ビットコインの承認時間は10分ですが、Segwitを導入したライトコインの承認時間は2.5分と短縮され、4倍速くなっているので、決済手段としてより実用的になったといえます。

特徴2:発行上限枚数はビットコインの4倍の8400万枚

発行枚数がビットコインの4倍の8400万枚ある理由は、承認スピードに関係していると言われています。

ビットコインと比較して、承認速度が4倍なので、上限枚数をビットコインの4倍とすることで、ライトコインの価値が損なわれないように調整しているのです。

特徴3:家庭用パソコンでもマイニング(認証作業)できる

マイニングのしやすさも、ライトコインの特徴の一つです。

ビットコインの場合は高価な専用パソコンを使用しないと効率的にマイニングできません。そのため参入障壁が高くなり、一部の企業がマイニングし、富が一部に集中してしまうことになります。

ライトコインはScript方式の暗号化技術を用いているため、家庭用パソコンでもマイニングできるようになっており、マイニングしやすくなっています。

特徴4:見ず知らずの人と安心して取引できるアトミックスワップを実装!

ライトコインはアトミックスワップを導入しています。

アトミックスワップとは、第三者を介さずに見ず知らずの取引相手とも安心して直接交換できる仕組みのことです。

取引する両者が、取引する資産を用意しないと取引が成立しないようになっています。そのため、どちらか一方だけが受け取り、一方は受け取れず持ち逃げされるということ危険が起きないため、安心して不特定多数の人と取引できるようになっています。

Litecoin(LTC)の詳細

発行上限枚数:8400万LTC

承認方法:PoW

公開日:2013年04月28日

公式サイト:ライトコイン公式サイト

ホワイトペーパー:なし

公式Twitter:ライトコインTwitter

Litecoin(LTC)の評価

Litecoin(LTC)の将来性

2018年2月28日より、Litepay(ライトペイ)サービス開始

ライトペイという仮想通貨版デビットカードのサービスを開始しました。

クレジットカードの利用者はカード利用で数%分のポイントを還元されるので積極的に利用する方が多いですが、一方で店舗側は3%ほどの手数料をカード会社に支払わなければなりません。

ライトペイの店舗側にかかる手数料は1%となっており、店舗側にはとてもありがたいサービスとなっています。

2018年末、Litepal(ライトパル)開始を予定

Litepalとは、ビットコインとライトコインでの国際決済やモバイル端末での決済を可能にするサービスです。2018年末ごろにサービス化される予定です。

Aliant Payment Systemsがライトコイン財団の正式パートナーとなる。

実用性のあるコインとなるためには、企業や決済業者との提携し、利用できる場が増えなければなりません。Aliantとの提携をきっかけに、利用用途が広がっていくことが予想されています。

ライトニングネットワークやセカンドレイヤー導入を検討

さらなるスケーラビリティ問題解決のために、ライトニングネットワークやセカンドレイヤーといった技術を加えることを検討しています。

日本におけるライトコインは、他の通貨と比べると少し地味ですが、もしライトニングネットワークの実装が実現されると、その実用性は仮想通貨の中でも群を抜いて高くなることが予想されます。

2019年の半減期に価格が上昇する!?

ライトコインは2019年に半減期を迎えます。半減期には理論上は供給が減少するため価格が上昇します。半減期前後の情報には注目しましょう。

おすすめ取引所

  • GMOコイン
  • BITPOINT(ビットポイント)
  • ビットバンク(bitbank.cc)