Facebookが独自の暗号資産ステーブルコインを開発しエコシステムを構築か

リブラ(Libra)

Facebookが仮想通貨ベースの支払いシステムを構築するための数十社の金融会社やオンライン会社を募集

The wall Street Jounalの報道によれば、「Facebookは、一年以上前からステーブルコインの支払いプラットフォームを立ち上げるため、専門家を集めてこのプロジェクトを進めている」ようだ。
このプロジェクトは、社内で「Project Libra」と呼ばれ、数十億のユーザーが互いにお金を送ったり、オンラインで購入したりできるようにする仮想通貨(ステーブルコイン)の開発を目的としている。

Facebookはまた 、ステーブルコインをボラティリティから緩衝するための担保として、合計約10億ドルを集めるために、VisaやMastercardに加えて、金融サービス会社のFirst Data Corp.と話をしたようだ。

このことは、Facebook が資金不足というわけではなく、このプロジェクトに外部の投資家を巻き込むことで、「より分散化され、(facebookに)管理されにくい」という仮想通貨らしいプロジェクトを提示することができるだろうという仮説を元にしている。

Facebookは、電子商取引会社とも協議しており、資金を調達し、計画中のステーブルコインの支持を得ていると伝えている。Facebookは広告を見たユーザーにデジタル通貨で対価を支払うことも、広告主が商品購入にトークンを受け入れて、その後それでより多くの広告のために支払うこともできるようにするかもしれない。

特にFacebookは、銀行や決済処理業者やネットワークへのすべての取引で加盟店が支払うカード処理手数料(通常2〜3%)を排除することを目的としていると言われており、「それが成功すると、このプロジェクトは世界規模の支払いに対するカードネットワークの優位性を脅かす」ことになるかもしれない。

Facebookはまず初めにインド市場に焦点をあてて、2014年に買収したメッセージアプリWhatsAppで、ユーザーが主要な仮想通貨で送金できるようにするのではないかとCoinDeskは報じている 。

またFacebookの暗号通貨プロジェクトが、2021年までに30億ドルから190億ドルの追加収入を生み出すとBarclaysのアナリストRoss Sandlerは最近予測している。