Bancorとは?「トークンの流動性」というマイナーコインが抱える不安を解消する仕組み

DApps

Bancor protocolとは何か?

マイナーコインが抱える、売りたくても売れないという「トークンの流動性」問題とは?

BTCやETHといった有名なコインとは違うマイナーコインには「もしかしたらトンデモない値上がりをするかもしれない」というあまーい妄想を抱きがちです。買ったはいいけれど、「もしかしたら値下がりするかも…価値がなくなるかも…」という不安を抱きがちなのもマイナーコインの特徴です。

みんなが同じような不安を抱けば、買いたいという衝動は生じません。買いたい人がいなければ、当然売ることができません。つまり、この不安の元凶を絶たない限り、マイナーコインには常に売れなくなる不安が付いて回ってしまうのです。この売りたくても売れない問題を「トークンの流動性」問題と言います。

準備金という仕組みを導入することで「トークンの流動性」問題を解消する

この問題を解決しようと動いたのがBancor(バンコール)です。どのようにこの問題を解消しようとしているかというと、新しいコインやトークン発行時に「事前に準備金を用意しましょう」という仕組みを導入することによって、売りたい人が出てきたときに、仮に買い手がいなかったとしてもコイン発行者が用意した準備金で賄うことができるようにしようというものです。

「いつでも売ることができます。なので安心して買ってください。」と、購買意欲を抑制する要因を排除することができれば、コインの流動性は高まり、また価値も高めることができるという仕組みなのです。

ただし、準備金がなくなってしまうと、このモデルは成り立たなくなってしまいます。そのあたりの不安も考慮して仕組み化されており、ある計算式によって準備金がなくならないように設計されているようです。

為替取引を行う際に仲介者を介在させなくて良い。つまり取引手数料が安くなる?!

Bancorの仕組みでは、為替取引をトークン発行者と直接行えるので、売りたいときに買い手を探す必要がなくなり、流動性リスクが小さくなります。そのため、為替取引を行う際に必要とされていた仲介者が不要になります。ということは、取引手数料がさらに安くなるということです。DEX(分散型取引所)と呼ばれる管理者が存在しない取引所を可能にする仕組みでもあるのです。