「Neon District/ネオンディストリクト」シーズン0のボス「Baus」オークション開催

ブロックチェーンゲーム

「Neon District /ネオンディストリクト」シーズン0 最強のボス「Baus」オークション開始

ブロックチェーンゲーム「Neon District/ネオンディストリクト」がファウンダーズセールで5万ドルを突破したことで、シーズン0のボスオークションがアンロックされました。

現在0シーズン最強、かつ初めてのボスであるBausオーションへの参加ができるようになりました。当然ながらこのNFTは世界で一つだけであり、今回のオークションの勝者がこのゲームのコアコンポーネントであるBausの所有権を得ることができます。

414日時点で最高額を入札したプレイヤーが今回のアセット所有権と特別な特典にアクセス可能になるようです。

「Neon District/ネオンディストリクト」シーズン0ボスの所有権を得ることのメリットとは?

今回見事Bausの所有権を得たプレイヤーは、Neon Districtチームと協力してBausの機能やデザイン決定に関して意見することができるようです。

注目度の高いブロックチェーンRPG「Neon District/ネオンディストリクト」ファンにはたまらない特典ではないでしょうか。

具体的にどのような部分に意見できるのかというと、

    • パワー、メカニック、ゲームプレイ
    • Bausの配色
    • バックグランドの音楽
    • カスタムアバター/ロゴ
    • Bausの属性
  • バックグランドセッティング

など細かなところまで関与することができるようです。

また今回のオークション価格が目標としている721ETHを達成するとスペシャルパッケージも提供するようです。

パッケージ内容は開発元であるBlockade Gamesと共にニューヨークで上記のコンポーネント作成を一緒に行うこというものです。その際にかかる飛行機代、ホテル代、チームメンバーとのディナー代も全て負担してもらえるようですね。

Neon Districtについては下の記事もご参照ください。