初の分散型ネットワークスマートフォン「Volk One」とは?キャリアを介さずにインターネットをクラウドソース化

product

分散型スマートフォンVolk Oneとは?

Volk Fi社がリリースするスマートフォン「Volk One」とは、Free(フリーアクセス)、Resilient(検閲耐性)、Global Coverage(端末を持つユーザーがいるところであれば、どこでも利用可能)を特徴とした分散型ネットワークを構築するスマートフォン。

Data利用制限なし、Calls&SMSも制限なし、つまり実質0円で利用することができるという分散型スマートフォンです。(ただし、データ上限5GBで、それを超えると1GBにつき1米ドル必要)

キャリアを介さずにインターネットを利用することができるという点は、かなり面白い試みではないでしょうか。

現在予約受付中で、発送は201912月を予定。ただし現時点(2019年4月8日)では日本国内での利用には対応していません。

Volk Fi 公式サイト:https://volkfi.com/

Volk Fiネットワークの仕組み

Volk OneVolk Fiネットワーク上のデバイス同士を相互通信させることでインターネットをクラウドソース化させているため、ローカルで繋がる複数の他端末の存在が不可欠となります。

公式サイトにあるようにUnlimited Dataですので、ギガ不足という言葉が死語になる日が来るかもしれませんね。どのようにして無制限にしているのかというと、WiFi経由でデータ使用量とバイト数をカウントしているようです。基本的には利用料無料ですが、上限5GBを超えると追加で1米ドル/1GB必要ということです。それでも安いですね。

従来のネットワークとは異なり、利用しているユーザー数が多ければ多いほどに通信速度が速くなるが、逆に言えばローカルで繋がる他端末がいなければ通信が難しくなります。SIMカードは必要としない仕組みですが、通信サポートとしてSIMカードを利用することも可能とのことです。

ちなみに公式サイトによるとVolk One端末同士の相互通信は数マイル離れた場所からでも可能ということです。※1マイルは約1.6キロメートルです。

また数マイル圏内に多くのユーザーを確保するのは難しいため、端末を介してより遠くにある端末へとホップさせることもできるようです。

Volk One予約購入は招待でのみ可能

このような仕組みのため、利用する際には、十分な数のVolk One端末がローカルで繋がる環境が望ましいと言えます。現在予約注文をすることができますが、その際にはローカルで繋がった知人や家族に招待状を送り、招待されたユーザーのみが予約購入することができます。

理由は上述したように通信圏内に他の端末がなければならないからです。

Volk Oneが利用可能な地域

48日現在、Volk Oneでインターネット利用できる国は北アメリカ、南アメリカ、オーストラリア、太平洋諸島(ハワイなど)です。

他のネットワークへのVoice &SNS機能はアメリカ、カナダ、メキシコで利用可能です。現時点では国内利用はできませんが、将来的に他の地域も追加されていくようですので、もしかしたら日本でも使用できる日が来るかもしれません。

その他デバイスの詳細については、公式サイトをご参照ください。