PancakeSwapが発表したNFT情報とプロフィール設定方法をご紹介

https://pancakeswap.finance/
NFT

PancakeSwapがNFTマーケットプレイスと、PancakeSwapオリジナルNFTを発行すると発表しました。

https://twitter.com/PancakeSwap/status/1428721049080713216?s=20

詳細はまだ続報を待っている状態ですが、現時点でわかっていることと、PancakeSwapオリジナルNFTの発行に必要なプロフィール設定についてご紹介します。

まだPancakeSwapについてご存じない方はこちらをごらんください。

PancakeSwapとは?”使い方”や”流動性供給して利息をもらう方法”を一挙紹介!

NFTマーケットプレイス

マーケットプレイスではNFTの売買が可能になり、取引は$BNBと$WBNBで行われます。

手数料は$CAKEの買い戻しとバーンに使用され、最初に取引可能になるNFTコレクションはPancakeSwapオリジナルのNFTです。

ちなみにマーケットプレイスで$CAKEが利用できない理由として、だれもがNFTマーケットに参加できるようにしたいと述べています。

新しいNFTのコレクション

https://twitter.com/PancakeSwap/status/1429850550741344258?s=20

PancakeSwapはマーケットプレイスの立ち上げに続いてNFTコレクションも準備しています。まだ詳細は出ていませんが、コレクションの総数は制限されており希少性があるNFTになる予定です。

参加するには「PancakeSwapのプロフィール設定」と$CAKEが必要になるそうです。

ここからはPancakeSwapプロフィールの設定方法について画像付きでわかりやすく解説します。

PancakeSwapのプロフィール設定について

PancakeSwapではNFTプロフィール設定が行えます。これがNFT発行の参加条件になっているので、まずはこちらを準備しておきましょう。

NFTプロフィールの作成には1.5$CAKEの手数料を支払う必要があります。執筆時点で$CAKEが2807円だったので、NFTプロフィールの発行には4210円かかりました。

https://coinmarketcap.com/ja/currencies/pancakeswap/

また毎回手数料に少額の$BNBが必要ですのでこちらも準備しておきましょう。

もしまだPancakeSwapを使ったこともないよという方は、こちらの記事をさんこうにしてください。

PancakeSwapとは?”使い方”や”流動性供給して利息をもらう方法”を一挙紹介!

プロフィールを設定する際にはうさぎのNFTを選んで、名前をつけることができます。

Step1)Teams&Profileをクリックして、下のYourProfileをクリック。

Step2)「Choose your Starter」で5種類のウサギの中から気に入ったものを選択。「Approve」をクリックして「Confirm」。

このタイミングでNFT取得の手数料として1CAKEが必要です。

Step3)「Choose collectible」 の画面で、「Approve」を選択して、次に「Enable」をクリック。

Step4)3つのチームのうちにどれに所属するか選択

解説によると現状はどのチームに入ってもたいした違いはありません。メンバー数が違うくらいなので、好きなものを選びましょう。チームごとにタスクや、チャレンジが今後は追加されるようです。

Step5)「Set Your Name」でプロフィール名を設定して、確認事項のチェックをいれて「Confirm」

Step6)最後に0.5CAKEを支払ってプロフィール設定完了

Step7)プロフィールとNFTの確認

これで設定がすべて完了しました。かわいいNFTが設定されましたね。

このプロフィールを持っていると、IFOや今回のNFT発行など新しいイベントに参加することができます。今後はさらに用途が増えるようなので、ぜひこの機会にプロフィールを作成しておきましょう!

PancakeSwap詳細

公式サイト:https://pancakeswap.finance/

Twitter:https://twitter.com/pancakeswap

ドキュメント:https://docs.pancakeswap.finance/

Medium:https://pancakeswap.medium.com/