リアルアイテムと紐付くRedeemable NFT(rNFT)とは|バブルに左右されないNFTの存在意義

NFT

現在のNFT

2021年4月現在、ブロックチェーン業界においてNFTは凄まじい盛り上がりを見せております。

 

開けたマーケットプレイスとしては、世界だとOpenseaRaribleSuperRare、日本国内においてはnanakusaNFTstudioなどがNFTマーケットプレイスを展開しており、各社がデジタルアーティストを集め、それぞれのプラットフォームのユーザーインターフェースに合わせた形でクリエイターがNFTを販売しております。

 

その中でもTwitterの創業者であるジャック・ドーシー氏の最初のツイートが3億円で落札されたことを筆頭に、Beeple氏の絵が75億円で購入されたり、日本国内の著名な芸術家である村上隆氏がNFTプラットフォームである「Opensea」にて108個のNFTをセットで販売、音楽の領域でもZeddやCalvin HarrisがNFTに参入を決定するなど、幅広いジャンルで注目を集めています。

 

NFTは「アーティストの追及権が守られる仕組み」や「デジタルアートの新たな販売手法」として注目を集めており、既にこの恩恵を受けているアーティストがいることには間違いありません。

 

 

Redeemable NFT(物と交換可能なNFT)とは

とはいえ、たった1つのツイートに3億円の価値がついたり、デジタルな絵が75億円で落札されたりすることが「バブル」だと評価する方がいらっしゃることも間違いありません。

 

現在のNFTに対する評価が正しいのか、間違っているのかは時間の経過によって理解できることかと思いますが、この記事ではバブルに左右されにくく、リアルビジネスの事業者の可能性とも成り得る「Redeemable NFT(略称:rNFT)」について執筆します。

 

Redeemable NFT(rNFT)とは「リアルアイテムと交換可能なNFT」です。現在の市場においてはNFT=アートという想起が多いため、NFTの根本的な定義から説明させていただきます。

 

NFTとは、噛み砕いて一言にすると「唯一無二であることを証明できるデジタルデータ」です。証明できるデジタルデータだからこそ、アーティストから買ったデジタルアートを「これは私のものです」と全世界に主張できます。

 

証明できるデジタルデータということは、嘘偽りがないため「物理的なモノとの引換券」のように利用可能です。非常に安易な言い方になってしまいますが、Redeemable NFTというのは「物理的なモノとの引換券」です。

 

rNFTのメリット1:リアルビジネスを主とする事業者が参入可能

Redeemable NFT(rNFT)を利用するクリエイター・事業者のメリットとしては「先に権利が販売可能」という部分です。本来であれば、なにかモノが完成しなければ金銭は発生しませんが、信用のある個人や事業者が発行する場合、その信用にお金を集めることが可能です。

 

有名な映画やアニメの続編が決定した時など、制作会社は当然のように最初の赤字を覚悟で制作するわけですが、その問題をRedeemable NFTは解決する可能性があります。さらに、その権利が二次流通で売買されても、事業者に収益が入ります。

 

rNFTのメリット2:バブルに左右されない

NFTはバブルかどうかの議論はありますが、NFTがバブルだとしても、Redeemable NFT(rNFT)は変わらず価値を提供できる可能性があります。NFTであれば現実のモノと結びついています。

 

そのため「NFTだから価値がある」ではなく、特定のブランドや事業者が築きあげてきたものが直接価格に反映されます。バブルであればNFTだということでさらに価格が上がることがありますが、事業者が従来販売していたモノの社会に提供している価値以下にはなりません。

 

日本初のrNFTプラットフォーム「Hokusai」

NFTという概念自体もまだまだ発展途上であるため、Redeemable NFT(rNFT)という概念自体、世界的にも前例がありません。

 

しかし、リアルとデジタルとが紐づく世界はDX文脈やデジタル化の文脈からも読み取れるように、遅かれ早かれ来ることになります。そんな中、日本国内においてRedeemable NFT(rNFT)のプラットフォームが立ち上がろうとしています。葛飾北斎の名前を取った「Hokusai」です。

 

Hokusaiは「モノと交換可能なNFT」のみを扱ったRedeemable NFT(rNFT)の売買プラットフォームです。既にブランドを保有している事業者や個人にとって、これまでとは明らかに異なる収益性を提供する可能性があります。

 

著者:原沢陽水(はらさわ ようすい)(https://twitter.com/y0su1/
大学の経済学部を中退後、大学在学中から3年間、ブロックチェーンリサーチャーとして活動。 2020年に日本最大規模のブロックチェーンDAO教育団体「d14b」を設立。2020年10月から日本円の安定したコインであるJPYCを発行する日本暗号資産市場株式会社にてCOOに就任。2021年4月、Hokusaiを設立。