Fantom経済圏デビュー:ウォレットの準備から無料で$FTMを手に入れる方法まで紹介

DeFiプロジェクト

現在Fantomエコシステムへの注目度が集まっています。

Fantomの基軸通貨でアル$FTMは年始に1.77円前後でしたが、9月9日時点で183円に到達。9ヶ月で100倍を記録しました。

https://coinmarketcap.com/ja/currencies/fantom/

またFantomエコシステムのメインDEXであるSpookySwapなども注目を集めています。CryptoRank Platformのデータによると、SpookySwapのTVLは過去30日で561%増と急激な上昇を見せている状況です。それに乗じてDEXの$BOOトークンも価格上昇しています。

https://twitter.com/CryptoRank_io/status/1436022806362435590?s=20

他にもNFTプロジェクトなども登場しており、$FTMエコシステムに参加しようと思われる方も多いと思います。

そこでこの記事ではこれからfantomデビューする人のために

  1. ウォレットの準備
  2. ウォレットへの入金方法

まで解説しています。

また無料でガス代をもらうお得な方法もご紹介しているので、ぜひ最後までごらんください。

Fantomネットワークとは

そもそもFantomネットワークとはなんでしょうか?

Fantomネットワーク(正式にはFantom Opera)はイーサリアムとの互換性がありながらも、より高速で安全なネットワークを提供しています。

FantomのaBFTコンセンサスアルゴリズムを活用することで、dAppsの高速化が見込まれているネットワークです。

手数料も数円程度とかなり安く取引をすることができます。Ethereumがガス代で数千円かかっている昨今では、一層注目が集まっているのです。

Fantomエコシステム入門

この記事ではBinnaceで$FTMを購入し、EthereumネットワークのMetaMaskへ送金。その$FTMをSpookySwapにブリッジ機能を利用して、Fantomネットワークへ移動します。

※現在Binanceがfantomネットワークへの出金を停止しているため、Ethereumネットワークを利用して、ブリッジも行う必要があります。そのため15000円ほどは最低でもまとめて必要になりますのでご注意ください。

【必要なもの】

  • MetaMask
  • Binanceアカウント
  • 手数料用の$ETH
  • $FTMを購入する資金

1.MetaMaskにFantom Operaネットワークを設定

最初にMetaMaskの準備から始めます。まだMetaMaskを持っていない方はこちらの記事を参照して作成してください。

MetaMask/メタマスクの導入(Google Chrome)

1-1.MetaMaskのネットワークをクリックして、「Custom RPC」

1-2.空欄に下記の情報を入力

  • Network Name: fantom Opera
  • RPC Url: https://rpc.ftm.tools/
  • ChainID: 250
  • Symbol: FTM
  • Block Explorer URL: https://ftmscan.com/

その後「ネットワークの追加」をクリックして完了。

以上でMetaMaskがFantom Operaネットワークに対応しました。

2.無料で$FTMのガス代を入手

取引するにはガス代として$FTMが必要です。うれしいことにDisccordに参加すると10回から30回分のガス代を無料で提供してくれます。

条件は下記の通りです。

  1. Discordアカウントを作成してから30日以上たっている
  2. 過去1ヶ月以内にこの方法で$FTMをもらっていないこと

おそらくこの記事を読んでいる人はまだもらったことはないと思いますので、ガス代分の$FTMをもらいにいきましょう。

2-1.SpookySwap のDiscordに参加

https://discord.com/invite/AqbsWsWDgn
上のリンクからSpookySwapのDisccordに参加します。

2-2.承認作業

アカウントに入ると利用規約に同意し、緑のチェックマークをクリックする必要があります。

2-3.#faucet channelに入って、”!faucet”と入力

画面左にいろいろなチャンネルが表示されるので、その中の「RESOURCES」の中から「faucet」を探して入りましょう

そこで”!faucet”と入力します。

2-4.fantom Tip Botでウォレットアドレスを入力

Fantom Tip Botが出てくるので、Botの名前をクリックすると、DMページがポップアップします。

そこに”!withdraw あなたのfantomアドレス” を入力すると、ガス代として$FTMが入金されます。
具体例)”!withdraw 0x848d47d6a68fc0ce61e234257fa7024c59d331dc”

ちなみに筆者は1回エラーが出たのですが、もう一度試したら成功しました。もしエラーが出ても、もう一度チャレンジしてみてください。

3.Binanceで$FTMを入手してウォレットに送付

3-1.Binanceで$FTMを入手

こちらはBinance口座に入金して、そこでFTMを購入します。今回はコンバートでFTMを入手しました。

9月10日現在Fantomネットワークへの出金がが中断しています。

そこでEthereumネットワークのMetaMaskへ送金し、そこからブリッジしたいと思います。

3-2.EthereumネットワークのMetaMaskに$FTMを出金

手数料が14FTMかかりましたので、執筆時点で2600円ほど。かなり手数料がかかったなという印象です。

4.$FTMをFantomネットワークへブリッジ

4-1.SpookySwapに入りウォレットを接続

4-2.Bridgeで$FTMをEthereum→fantomへブリッジ

次に「Bridge」をクリックして、$FTMをEthereumからFantomへとブリッジしましょう。この時点でウォレットのネットワークがEthereumになっている必要があります。

数量を選択したら、FTMをApprove。この際にETHで1200円ほどの手数料がかかります。また最低でも50FTMが必要なのでご注意ください。

そして、このブリッジの実行にも1200円ほどETHがかかりました。
なので出金(2600円)とApprove、ブリッジの実行(2400円)ほどかかっていることになり、合計で手数料だけで5000円の出費です。現状少額でFantomに参入するのは不利ですね。

これでFantomネットワークのMetaMaskに$FTMが入りました。これで準備が完了です。お疲れ様でした。