Iron FinanceのV2が再始動。ステーブルコインプール(DAI、USDC、USDT)で流動性マイニングを開始

Iron v2 DeFiプロジェクト

Iron FinanceのV2は12日、Polygon上のIronSwapでイールドファーミングを開始。Curveの3poolプールのフォークとなるIS3USDプールでステーブルコイン「DAI、USDC、USDT」の流動性提供を募っており、報酬として新トークン $ICE を配布する。発表から24時間以内に既に10億ドルが集まっている。

ICEのトークン設計

新トークンICEの最大供給量は100億ICE、3年間かけて市場に放出される。

内訳:

  • 10億ICE:IS3USDプールの報酬プログラム
  • 0.5B ICE:他の ICEの報酬プログラム
  • 1億ICE:IronLendの報酬プログラム*7月後半ローンチ
  • 45億ICE:IRON V2の報酬プログラム*8月ローンチ
  • 29億ICE:TITAN、IRON等の補償基金に充当する →スナップショットの詳細は7月下旬に公開予定。補償開始は8月上旬予定。
  • 0.1B ICE:トレジャリー

部分担保型のステーブルコインプロジェクトであるIron Financeは、6月中旬に一部の大手ホルダーがトークンを売却したことで取り付け騒ぎを誘発し、トークン価値が暴落していた。このプロトコルでは1ドルにペグされたステーブルコインIRONと、担保トークンとしてIRONの需給を吸収するTITANの2トークン制を導入していた。

Iron Financeチームは旧TITANトークンの所有権を放棄しており、現在はTitanDAOコミュニティが管理している。今後のIron FinanceのプロダクトやエコシステムにSTEEL、TITAN、DNDのトークンは含まれない。

IRON V2の仕様は今後発表される予定だ。

Medium