Polycat Financeとは:Polygon上で1500%超えの利回りを出すプロジェクト

DeFiプロジェクト

Polycat FinanceはPolygonネットワーク上のDeFiアプリケーションの1つで、2021年5月2日に立ち上げられました。

まだローンチから2ヶ月ほどですが、DappLadarのPolygonランキングでもQuickSwapに続いて2位にランクインしています。

https://dappradar.com/rankings/protocol/polygon

Polycat Financeの特徴

特徴1)IFO

PolycatはPolygonでも初期のIFOプラットフォームの1つです。最初のIFOはAugury FInanceで400万ドルの調達に成功しています。

今後もパートナーシップを拡大し、更なるIFOを実施するそうです。

特徴2)Vault

自動でLPトークンを生成して、ファーミングしてくれる便利な機能です。

例えば昔のPancakeSwapは獲得したCAKEを改めて、半分他のトークンに変えて、流動性供給しなくてはいけませんでした。その手間がなくなって、自動的に行ってくれるので便利です。

具体的にはFISH/MATICのLPを預けて、FISH/MATICのLPを獲得することも可能です。

また「BurningVault」というものもあり、預金手数料から得られる利益の100%がFISHの買い戻しとバーンに利用されます。

特徴3)Tanks

FISHトークンを預けて、GBTSやgNFTトークンを入手できます。GBTSは分散型カジノプロジェクトのトークンで、gNFTトークンはNFT関連プロジェクトのトークンです。

$FISHについて

総発行数300万枚で、8月には総発行数に到達する見込みです。

先日のアナウンスで、今後$FISHはガバナンストークンとして活用される予定だと発表されました。

また現在、FISHをバーンするために使っているお金は、代わりにFISHのオーナーに再分配されることになっています。

Polycatの監査

3つの監査があり、2つはTechRate,Obeloskによるものは完了しています。さらにCertiKの監査も実行中です。

Polycatの使い方

今回は実験として、FISH/MATICというLPに挑戦しますが、ご利用するか否かはご自身で判断してください。

特にFISH/MATICペアはAPRは高いですが、その分だけ高いリスクがあります。

またツールとしてZapperを利用しますが、Matic Web Walletを利用する方法もあります。

①MetaMaskにMATICネットワークを追加

MetaMaskのアプリの上部にあるネットワーク選択ボタンをクリックします。

「カスタムRPC」をクリックすると、MaticネットワークのカスタムRPCを設定する画面が表示されるので、Maticメインネットの詳細を入力してください。

  • Network Name: Matic Mainnet New RPC
  • URL: https://rpc-mainnet.maticvigil.com/
  • Chain ID: 137
  • Symbol: MATIC
  • Block Explorer URL: https://explorer.matic.network/

②ZapperでETH→MATICにトークンを移動

Zapperの始め方はこちらの記事で解説しているので、使い方がわからない人はこちらを参照してください。

【Zapper】DeFiの一元管理ダッシュボード、使い方やメリットを紹介

ウォレット内にUSDCがあったので、Ethereum→Polygonにブリッジします。

手数料用にMATICトークンが必要なので、持っていない人はこちらも少量交換しておきましょう。

③ZapperのQuickFinanceのFISH/MATICペアに流動性供給

④PolycatのFarmsでFISH/MATICのLPを提供

⑤手に入れたFISHをPoolsでさらに増やす

おつかれさまでした。以上でPolycat Financeの基本的な使い方です。

先日の発表によると、今後は新しいUIに刷新され、8月にFISHトークンが全て発行されることで、ガバナンストークンとしての機能獲得。

独自のAMMが構築され、IFOの様々なコラボを開始する予定だそうです。

Polycat FInance詳細

公式サイト:https://polycat.finance/

Twitter:https://twitter.com/PolycatFinance