Solana系プロジェクトのエアドロップの配信スタンド&ソーシャル投資プロトコルのCope(COPE)

Sol DeFiプロジェクト

今回は、Cope についてご紹介します。Cope(COPE)はSolana上で結成されたプロジェクトで、コミュニティの投資戦略を集約することに焦点を当てています。特にCOPEトークン保有者に対するSolana系プロダクトのエアドロップにより、マーケティング上のインパクトも注目されています。

Solanaコミュニティに焦点

匿名のCryptトレーダーが率いるCopeは、ソーシャル投資戦略・分析プラットフォームです。そのトークン(COPE)は、3月末の設立時にSolana X Serum DEFIの参加者向けにエアドロップされました。

投資家やトレーダーはCopeの報酬を求めて、戦略(Call)を提出します。CopeのアルゴリズムはCallのインデックスを作成し、それぞれの精度と利益率に基づいて各トレーダーを評価します。

インデックスがリターンを出せば、80%がCOPE保有者に還元され、15%はCopeのトレジャリープールに入り、その一部がバーンされます。そして残りの5%が慈善団体に寄付されます。COPEの最大供給量 は21M万、現在の流通量は16Mです。

エアドロップ

Copeチームは、Solanaユーザーにトークンをエアドロップするツールを開発しました。そのため、Solana上で構築された新しいプロジェクトがトークンをコミュニティにエアドロップしたい場合に、COPEホルダーにエアドロップするという慣習が生まれつつあります。エアドロップを受け取る条件は一定量のCOPEトークンとSOLを保有していることです。5月にはFTR トークンが1,000 COPEの保有者に配布されました。これらエアドロップの情報はCyrii_MMで確認できます。

Callへアクセスするには、SerumDEXなどでSOL を COPE に購入し、COPEをCopeにステークしてLP-Coreを取得すること。これによりオフィシャルページのUnlock Reportから参加できます。