TomoFinanceのガバナストークンである$TFIがMEXC Globalに上場

ステーブルコイン

TomoFinanceのガバナンストークンである$TFIがMEXC Globalに上場しました。

MEXCのKickstarterプロジェクトの第11回に選ばれており、合計60731432.10USDT相当の投票を受けて上場を成功させています。

https://twitter.com/MEXC_Global/status/1446781215516684293?s=20

TomoFinanceはTomoChain上のステーブルコイン発行プロジェクトで、発行される$TAIは1ドルに安定するよう設計。

この記事では

  1. TomoFinanceの概要
  2. TomoFinanceに登場する3種類のトークン
  3. TomoChainの最新動向

についてわかりやすく解説しています。

ぜひ最後までご覧ください。

TomoFinanceとは

TomoFinanceはTomoChain上のステーブルコイン発行プロジェクトです。

MakerDAOを参考にして作られており、TomoChainのネイティブトークンの$TOMOを担保として預けることで、CDPを作成し、ステーブルコインの$TAIを獲得することができます。

ユーザーは$TAIを返却して$TOMOを取り戻す際に、利息を払う必要があります。この支払った利息のうちの50%が$TFIで返却される仕様です。

$TFIはTomoFinanceのガバナンストークンであり、ステーキングすることでさらに$TOMO報酬を獲得できます。

3つのトークンが出てきたので少し整理しましょう。

$TOMO

$TOMOはTomoChainのネイティブトークンであり、TomoFinanceの担保として使用されるトークンです。TomoChainについては後ほど解説します。

https://coinmarketcap.com/ja/currencies/tomochain/

$TAI

$TAIはMakerDAOが発行する$DAIを参考にして作られたステーブルコインです。1TAI=1USドルになるように設定されており、CDPというスマートコントラクトを活用して、$TOMOを担保にして発行されています。

$TFI

$TFIはTomoFinanceのガバナンストークンです。ユーザーは$TAIを返却した際に$TFIを得ることができ、さらにステーキングすることで$TOMOの報酬を獲得できます。

現在MEXC GlobalでTFI/USDTペアでの取引が可能です。

MEXC Global

TomoFinanceの基盤となるTomoChainとは?

TomoChainはPosV(Proof ov stake Votiong)モデルを採用した低手数料・高速なブロックチェーンです。開発者が高性能のdAppsを構築できるようなプラットフォームを目指しています。

具体的には下記の3つの特徴があります。

高速なトランザクション

2000TPSというトランザクションスピードを誇っており、Ethereumのおよそ80倍の速度です。

効率的で低手数料

ガス料金を効率化するPosVというコンセンサスアルゴリズムを使用しているため、取引手数料はわずか0.001$ほどです。現状のEthereumのガス代が高騰していることを考えると大きなメリットの1つとなります。

利便性の高さ

TomoChainにはTomo Bridgeが存在しており、$ETHや$USDTなどさまざまなトークンをTomoChainにラップします。TomoPというプライバシープロトコルや、TomoZという$TOMO以外でガス代を支払う仕組みも。

TomoChainについてはこちらもご覧ください

TomoChain(TOMO)の魅力に迫る:手数料ほぼ0円でEthereumの80倍の速さ

TomoChainの最新動向

ここからはTomoChain関係の最新動向をお伝えします。特に重要なのがTomoChain上に登場したIDOプラットフォームです。

TomoChain上に存在するDEXにLuaSwapというものがあります。LuaSwapはEthereumとTomoChainに対応したクロスチェーンDEXであり、トークンのSwapから流動性供給、ファーミング、ステーキングが可能です。

LuaSwapの詳細はこちら

LuaSwapとは:TomoChainとEthereumに対応したマルチチェーン流動性プロトコル

LuaSwapは先日LuaStarterというIDOプラットフォームを立ち上げました。

LuaStarterの第一弾はTomo Master DAOです。Tomo Master DAOはTomoChain上に構築された助成金プロジェクト。$tDAOトークンを保有するコミュニティメンバーの声を受けて助成金の運用方法を決定していきます。

https://twitter.com/LuaSwap/status/1445373908920659969?s=20

IDOプラットフォームの登場や、DEX、ステーブルコイン発行プロジェクトの登場によりTomoChainエコシステムはさらに発展していくと考えられています。

Zenismでは以前、TomoChain CEO のLong Vuong氏にインタビューを行っていますので、こちらも合わせてご覧ください!

【独占インタビュー】TomoChain CEO Long Vuong氏の語るDeFi・NFTの未来とは