Harmony初の流動性プール型DEX、Viperswap($VIBER) の高配当イールドファーミングを紹介

DeFiプロジェクト

Harmony($ONE)ブロックチェーンにて、流動性プールを備えたDEXである「Viperswap($VIBER)」のイ―ルドファーミングが3月8日に始動しました。ONEトークンは時価総額上位50位付近にまで上昇しています。

Harmony(ONE)は、Amazon、Microsoft、Google出身の開発者が設立した、低コスト・高TPSのブロックチェーンです。EVMと完全に互換性があり、ETHアプリケーションのスケーリングを可能にします。一方のViperswapを開発するVenomDAOの開発チームは匿名ですが、Harmonyのコア開発者と緊密に連携している模様です。Viperswapはクロスチェーン展開を予定しており、最初にETH-BSCブリッジプールを実装する計画です。

ガバナンストークンVIPER

ViperswapのガバナンストークンVIPERの総発行量は5億枚。2021年12月25日までイールドファーミングの報酬の95%がロックアップされ、5%が直接利用可能になるモデルとなります。ロックアップは最初に2021年12月に解除され、2022年12月まで段階的に配布されます。これはクジラによる大量売却を防ぐ仕組みとなっています。

VIPERトークンはVenomDAOの投票権だけでなく、Harmonyで起動されるすべてのプロトコルと製品のガバナンストークンとして機能します。また、VIPERのステーキング参加者は取引手数料収益の3分の1を受取ることができます。

イールドファーミング

当初数週間はイールドファーミングの報酬がブーストされており、23日時点にTVL430万ドル以上、APR数千%程となっております。

流動性マイニングに参加するには以下のステップを行います。

  1. MetaMaskウォレットでHarmonyMainnetを設定する。
  2. ViperswapでONEトークンの半分を、 $VIPER、 $BUSD、 $ETHのいずれかに交換する(HarmonyのHorizo​​nBridgeも使用可能)。
  3. 流動性を追加する。
  4. LPトークンをステークする。
セキュリティ

Viperswapは以下のコードを使用しています。実績のあるものですが、ファーミングには常にコントラクトリスクが伴うため、自己責任で取り組むことを忘れないようにしましょう。

  • Uniswap V2: UniswapV2Factory.sol、UniswapV2Router02.sol。
  • Sushiswap: SushiBar.sol and SushiMaker.sol.
  • Bao Finance: BaoToken.solおよびBaoMasterFarmer.sol。

今後、Uniswap、Sushiswap、Bao.finance、PancakeSwapのトレーダーやLPに対して、VIPERトークンのエアドロップが計画されている模様です。

Viperswap詳細

Medium

Document