dydxと共に上昇している、ゼロ手数料取引所「WOO Network」とWOOトークンの機能とは?

woo DeFiプロジェクト

dydxと共にいくつかのDEXが拡大していますが、中でも特にWOO Networkが急速に拡大しています。WOO Network(旧Wootrade)は高い流動性、取引手数料ゼロ、多様なトークンの取引を可能にするダークプール取引プラットフォームです。

WOO Networkは、断片的な流動性と、高スプレッドの課題を解決することを目的としています。今回はWOO Networkとその周辺のエコシステムについて簡単に見てみましょう。

Kronos Researchの支援を受ける

WOO Networkは、1日の取引量が平均100億ドルに達する定量取引会社Kronos Researchによって2019年6月にWootradeの名称で設立されました。Kronos社は、Binance、Okex、Huobiなどを含むトップの取引所の指定マーケットメーカー(DMM)でもあります。さらに、WOO NetworkはFenbushi Capital、Hashkey Capital、SNZ & DFundなどの投資家から資金を集めました。

WOO Networkのマーケットメイキング機能

WOO Networkは高い流動性により、取引所、トレーダー、機関投資家、DeFiプラットフォーム間のギャップを埋めることを目指しています。スプレッドが非常に薄く、取引手数料ゼロのこのプラットフォームは、トレーダーがプライベートに交流できる代替取引システムを提供しています。

WOO Networkは外部の取引所向けに、マーケットメイキング機能『Wootrade Alternative Trading System(WATS)』を提供しています。これを利用する取引所は十分な流動性を抱えるオーダーブックを受け取ることができます。WATSはPFOF(Payment for Order Flow)モデルを採用しており、ブローカーが注文を複数の関係者にリダイレクトすることで、より迅速でスムーズな取引の実行を実現します。

WOO Networkの取引所WOO X


WOO Xは、個人トレーダー向けの手数料無料(1,800 WOO保有)の中央集権型の取引所です。スポット、マージン、先物取引を提供しており、Woo Dark Poolsを利用して深い流動性プールを備え、Kronos Researchを含む業界の主要なマーケットメーカーを集めています。好みのツールやウィジェットを使って取引ダッシュボードを簡単にカスタマイズできるなどトレーダー向けのインターフェースを備えています。

WOOトークン

 


ネイティブアセットであるWOOトークンは、WOO Networkの製品とサービスと関係するユーティリティトークン(ERC20)です。そのエコシステム全体で発生する収益の50%を、トークンの買い戻しとバーンに割り当てています。

WOOトークンには以下のようなユーティリティがあります。

  1. リテールステーキング:手数料ゼロの取引、より高い紹介リベート、および無料出金を可能にする
  2. 機関向けのステーキング:API取引レート上限の増加と、低い手数料体系を可能にする
  3. ウェルスマネジメントや証拠金の支払いで大幅な割引価格
  4. WOO Venturesのアーリーステージプロジェクトのエアドロップ。
  5. Uniswap、Bancor、QuickSwap、Sushiswapなどでの流動性提供とイールドファーミング
  6. CREAM Finance、Sushi Kashi、Rari Capital、KINE Finance、Unit ProtocolでWOOを担保に借り入れができる
  7. ソーシャルトレードへのアクセスや、分散化が進むWOO Networkでの投票権の付与など、他のユースケースにも拡大予定
  8. WOOトークンは以下のような取引所で購入・取引できる
WOOベンチャーズ

WOO Venturesは、WOOエコシステム内の統合プログラムで、初期段階の暗号プロジェクトへの投資機会を民主化します。ベンチャーキャピタル企業が新興企業を見つけて投資するのとほぼ同じ機能を持っています。

WOOFi

WOO Networkの主な目的の一つは流動性ネットワークをDeFiスペースに拡大し続けることです。そのため、チームはDeFi関連のすべての商品を『WOOFi』とまとめています。最初のWOOFi製品は、オンチェーンのリクイディティプールで、DeFiユーザーの最適な取引執行を促進するために設計されました。このプラットフォームは、V3、0x、dYdX、Uniswapでオンチェーン取引戦略をテストしていると言われています。

Woo Networkがその潜在能力を発揮すれば、流動性の断片化という業界全体の問題を解決すると同時に、個人、プロ、機関投資家にゼロまたは低額の手数料体系のメリットを広げることができます。また、取引所が掲載する偽の取引量によるリスクを軽減し、ユーザーに有望なアーリーステージのプロジェクトに投資する機会を提供することができます。

詳細

公式サイト

WooX

ドキュメント