MENU
国内取引所

【3分でわかる】DeCurret(ディーカレット)仮想通貨取引所の口座開設方法

DeCurretは「あらゆる通貨と価値の役割をデジタル化し、豊かな社会創りに貢献します」をスローガンにした仮想通貨(暗号資産)取引所です。

2018年に設立され、2019年に金融庁から仮想通貨(暗号資産)交換業者として認可を受けています。

DeCurretは楽天Edyなどの電子マネーチャージや、2000円から始められる自動積立などが注目を集めている取引所です。

DeCurretの販売所と取引所

販売所と取引所(2021年4月オープン)があります。

販売所

  • 取扱銘柄:BTC/ETH/XRP/BCH/LTCの5種類
  • 取引手数料:基本無料(スプレッドの負担あり)
  • の注文方法:成行注文、指値注文など

取引所

  • 取扱銘柄:BTC/ETH/XRP/ONT/QTUMの5種類
  • Taker/Maker手数料を採用:Takerは0.23%/Makerは-0.03%であり、手数料を受け取れる仕組み
  • Trading Viewを採用:定番のツールで見やすいUI

※電話・メール・チャットによる注文はできません

DeCurretの特徴3つ

DeCurretの特徴1)パートナーが大手で資本金が国内No.1

DeCurretの特徴としてはパートナーが大手であるということです。三井住友銀行、NTT、KDDI、JR東日本などを筆頭に多数の企業がパートナーになっています。

また同時に資本金も仮想通貨(暗号資産)取引所では1番多いです。

株式会社ディーカレットホールディングスの子会社である株式会社ディーカレットの資本金額は98.79億円(資本準備金を含む)となります。

※資本金額は執筆時点のものです。今後は変更される可能性があります。

DeCurretの特徴2)電子マネーチャージ

DeCurretの最大の特徴とも言えるのが、この電子マネーチャージというサービスです。ビットコインなどは実生活において使用するのは向いていない、つまり実用性がないという方もいます。

ビットコインを楽天Edyなどにチャージして実生活で使えるという取り組みは、業界でも新しいため注目されています。

対応している電子マネーは下記の通りです。

  • 楽天Edy
  • nanaco
  • au PAY プリペイドカード

1回あたりの最低チャージ金額は1,000円からで、上限はチャージ先ごとに違います。

一回あたりの手数料はチャージ金額によって異なり、3000円以上の場合は無料。3000円未満の場合は110円相当の仮想通貨(暗号資産)が引かれます。

注意事項としてスプレッドの負担はこちらがするということでしょうか。

DeCurretの特徴3)自動積立

ビットコインの投資手法は複数ありますが、メジャーな手法に毎月一定額積み立てるというものがあります。積み立てNISAのように、積み立て投資をすることでリスクを軽減することができると言われています。

DeCurretでは月々2000円からビットコインの積み立てが可能であり、自動なので買い忘れが発生しません。積み立ては解約が面倒くさいという人もいますが、ボタンをクリックするだけで簡単に止めることもできます。

DeCurretの口座開設方法

DeCurretの登録方法は簡単です。10分ほどあれば開設することができます。

スマホと免許証などの本人確認書類があれば、最短で翌日から取引可能です。

昔はハガキが届くのを数日待つ必要があったのですが、今は違うのですね。

ゲストアカウントに登録

まずゲストアカウントを開設する必要があります。こちらのリンクから公式サイトに入り、画面右上の「新規登録」をクリックしましょう。

個人情報の入力

メールアドレスとパスワードを入力して、利用規約と「私はロボットではありません」にチェックを入れて登録します。

メールアドレスに届いたコードを入力

メールアドレスにDeCurretからメールが届くので、そこに記載されている6桁の番号を入力します。

メールはこのような感じです。

登録完了

6桁の本人確認コードを入力すると、ゲスト登録が完了します。

次に仮想通貨(暗号資産)取引を始めるためには、本人確認などを行う「ベーシックアカウントの開設」が必要です。

パソコンでもスマホアプリでも開設ができますが、今回はPC版で開設していきます。

ベーシックアカウント登録

先ほど登録したメールアドレスとパスワードを入力して、改めてDeCurretにログインします。

画面右下の「今すぐアップグレード」をクリック

事前確認事項を確認

事前確認事項が出てきますので、該当しないかどうかチェックしましょう。

個人情報の入力

改めて口座開設のために個人情報の入力を行います。

職業や資産・投資経験なども答える

個人情報の登録に加えて、資産の状況や、投資経験などのアンケートが出てくるのでそちらも回答しましょう。

本人確認方法を選択して、次へ

投資経験などを答えた後に、本人確認の方法を選択します。

運転免許証でeKYCを選択すると最短で翌日から口座が利用できるようです。ハガキの場合は記載通り5日ほどかかるので、なるべく早く取引したいという方にはeKYCがおすすめです。

書面に同意して、「次へ」をクリックしましょう。

SMSを確認

今度は自分のSMSに6桁の番号が届くので、そちらの認証を行います。

届くメールはこんな感じです。

QRコードをスマホで読み込み本人確認へ

SMSに送信された番号を入力すると、QRコードが表示されるのでお持ちのスマートフォンで読み込みます。

利用規約とカメラの利用に同意

まず利用規約が2回連続で出てくるので、両方に同意します。

次にカメラへのアクセス許可が2回出るので、そちらも許可します。

免許証と自分の顔を撮影

次に下記の2種類の撮影をします。画面に表示される指示通りに行えばOKです。

  • 免許証の表裏、斜め上から撮影
  • 顔を正面と、顔の向きを変えながら全体を撮影

全ての撮影が終了すると、下記のような画面になるので完了です。あとはメールアドレスにベーシックアカウント登録の完了通知が来るのを待つだけです。

DeCurretのキャンペーン情報

ここまで口座開設方法についてみていきましたが、現在は口座開設&入金するだけで500円相当のビットコインをもらえるキャンペーンを行っています。

また口座開設+入金/取引を行うことで最大20Decurre00円相当のビットコインがプレゼントされるとのことです。

「仮想通貨(暗号資産)は興味あるけど、もらうだけもらってみたい」

という方はこちらから無料で登録しておくだけでもいいかもしれません。

キャンペーン詳細:

条件1)新規口座(ベーシックアカウント)開設し翌月末までに日本円を入金で500円分のビットコイン

条件2)販売所での現物取引(取引金額に応じてプレゼント)

  • 累計15万円以上の取引:1,000円分
  • 累計30万円以上の取引:1,500円分

※現在のキャンペーン情報についてはこちらをご確認ください

https://www.decurret.com/campaign/

新規口座開設はこちら