販売所と取引所はどっちがお得?仮想通貨販売所と取引所の違いを解説

はじめての方向け

仮想通貨取引所とは

仮想通貨を円やドルで売り買いしたり、ある仮想通貨を別の仮想通貨へ交換したりできる販売所や両替所のようなところです。

仮想通貨は個人で売ったり買ったりすることはできますが、その相手を探すことは大変な作業になります。

取引所は、その「売り買い」を簡単にしてくれる仕組みを提供してくれます。

取引所でその「売り買い」の仕組みを利用するときに、仲介手数料を取引所に支払います。

取引所を利用することは、仮想通貨を始める初心者にとっては一番安心で簡単な方法の一つです。

海外の取引所の場合は、口座をすぐに開設でき直ぐに取引を始められるところが多数ありますが、日本国内の取引所の場合、口座開設申し込みから実際に取引が出来るまで、数日を要するところがほとんどです。

口座開設は無料ですので、まず国内の取引所は2,3か所口座開設しておきましょう。

何故、複数取引所の口座を開設する必要があるのか?

現在、国内外で仮想通貨の法整備が日々すすめられており、まだ未完成の状態です。そんな中、ハッキングがあったり、調査機関の監査にかかったりと不測の事態が起これば、たちまち入出金が遅延したり取引が出来なくなったりします。

以前は、安心安全とされていた取引所も刻々とその信頼性を書き換えられているのが実情です。 コインチェックやZaifのハッキング時も最終的に時間はかかっても補償はされています。そういったことも踏まえたうえで、取引所を選択されることをお勧めします。

販売所と取引所の違い

日本国内の取引所の中で、さらに販売所と取引所に分かれています。
販売所とはその取引所が直接、仮想通貨を売っている所で若干の手数料が乗っています。

例えばGMOコインを見てみます。
販売所

同時刻の取引所

このように販売所では、販売価格と購入価格に差があります。

取引所では売り買いの価格が同一です。
販売所での売り買いの価格の丁度真ん中くらいの価格で取引されているのが分かります。

つまり、ビットコインを購入するとき、同時刻であれば販売所で買うよりも取引所で購入する方が安く買えるという事です。
売るときも同じですね、取引所の方が高く売れる!

ただ、販売所の方が操作が若干簡単ですが…

アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)の取引所は、国内の場合扱いが少ないのでやはり、海外の取引所を使う必要があります。