仮想通貨waltonchain(WTC)は、商品の偽装防止と品質保障を可能にする!

暗号資産(プロジェクト)

RFID×ブロックチェーン=最強の商品管理システム

waltonchainは、情報の電子データが組み込まれたタグとそれを読み取るためのリーダーを組み合わせたシステム技術(RFID)セキュリティ面の改ざん耐性と処理速度の速さを持ったブロックチェーンを掛け合わせ、新しいビジネスを創出するValue Internet of Things(VIoT)の仮想通貨プロジェクトです。

低コストで信頼のおけるスケーラビリティーを可能にします。
(商品の流通経路を、生産の段階から商品を購入される・廃棄されるなどの最終的な段階までを追跡できる状態のこと)

このRFID×ブロックチェーンのシステム内で使用されるアルトコインがWTC(Walton Coin)です。

※waltonchainはRFIDの技術開発者、Charlie Walton氏に敬意を表しその名にちなんで付けられました。

トレーサビリティの改善を目指す仮想通貨は他にVeChainなどがあります。

waltonchain(ウォルトンチェーン/WTC)の最新価格・相場・チャート・評価

 

 

 

 

waltonchain(ウォルトンチェーン/WTC)の特徴

特徴1:RFIDシステムをキャリアとして有している

RFIDのシステムとは、情報を電子データとして記入しモノに埋め込むことが出来るRFタグと、それを読み取る技術(RFIDリーダー)のことで、身近な事例として、Suica/ICOCA などの交通カードや、かざして施錠・解錠などを行う入退室カード、本・ビデオに貼り付けての貸し出し管理、商品につけての棚卸、万引き防止、棚卸管理やレジ打ち等の効率化を図ったりするのに用いられています。このRFタグの中には、商品の管理、流通、その他必要な情報が電子データとして書かれています。
それを機械で読み取ることで一括管理をします。
RFIDはIoTにおいて、センサーの役割も担い、ラベルを読み取ることで生産地や輸送経路を確認できます。
通常のRFタグであれば、ここでの改ざんを完全に防ぐことは難しいとされています。しかしブロックチェーンと掛け合わせることで、データーの改ざんが不可能になります。
このことは、商品の信用と信頼を担保します。

さらにwaltonchainは、この読み取り技術もさら研究されており、大量なタグを一度に読み取ったり、読み取り機と接触させず距離をおいたままで読み取れたり、企業がより導入しやすいように、低電力・低コストで利用出来るようにと改良・進化させています。

特徴2:仮想通貨Waltonchian  COIN (WTC)

Waltoncoin(WTC)は、Waltonchainの公式ウォレットか、MyEtherWalletが使用できます。

ウォルトンチェーンでは「WTC」というトークンを利用します。
このトークンは、以下の用途に使えます。

商品の購入
ウォルトンチェーンのプロジェクトに関連している商品の購入。

 
IoTに関連する測定単位
WTCトークンはIoTの仕事量や品質に関する情報を数値化し、その測定単位として利用されます。

特徴3:利用者が増えるに連れてセキュリティが向上

WTCはブロックチェーン上で動作するため、利用者が増えるほどにノードの数が増加していき、管理される情報がさらに分散化されてシステム全体のセキュリティが向上していきます。

つまり従来のRFIDの仕組みでは、利用者が増える毎に維持コストやセキュリティレベルの堅牢性が求められますが、WTCでは利用者の増加に比例してセキュリティが向上します。

waltonchain(ウォルトンチェーン/WTC)の詳細

発行上限枚数:100,000,000 WTC

承認方法:proof of Stake Trust(PoST)

公開日:2016年11月30日

公式ページhttp://www.waltonchain.org/

ホワイトペーパー:http://www.waltonchain.org/upload/1498826072890.pdf

waltonchain(ウォルトンチェーン/WTC)爆上げの時期!

Waltonchainは中国系企業で中国政府の支配下にあり、2017年9月4日、WTCは中国のICOと仮想通貨の禁止期間中に閉鎖され9月26日まで行動することができませんでした。その影響で開放された9月26日以降短期間で5倍以上の値上がりをみせています。2018年1月末ごろに約5000円の過去最高値を付けて以降は、地合いもあいまって現在は約350円前後で状態は均衡しています。中国政府を味方につけた時の爆発力は価格に大きく影響を与える ことが考えられます。
また、将来のIOTの爆発的普及もwaltonchainにとっては、必ずプラス材料となるでしょう。

waltonchain(ウォルトンチェーン/WTC)の評価

waltonchainの将来性

RFIDシステムは、現在の流通経済において不可避なメガトレンドです。
WALTONCHAINにおいて、RFIDシステムをキャリアとして利用し課題である部分を補うブロックチェーン技術との組み合わせは、今の流通経済において最強の商品管理システムといえます。
今後、RFIDシステムを採用する企業・事業所の数が増え、ウォルトンチェーンのユーザー数が増加すれば、その商業的価値は益々高くなると考えられます。
既に私達の身の回りでは交通系ICカードやセキュリティカードなど、様々な場面で活用されていますから、それら既存の技術よりも使いやすく安全性が認められれば多くの市場を獲得できる可能性がそこにはあります。

これから「IoT」(Internet of Thingsーという身の回りの家電やモノをインターネットと接続する技術)にも活用することを視野に入れており将来性が期待できますが、他にもIOTに向けたサービスの通貨は存在しますから、今後それぞれのサービスの違いですみ分けがなされるのか、淘汰されるのか動きに注目したいところです。

おすすめ取引所

  1. ビトゥブ
  2. Allbit
  3. バイナンス