仮想通貨・Wanchain(WAN)は中国版リップル? その特徴と将来性は!

暗号資産(プロジェクト)

Wanchainは世界のデジタル資産を単一のブロックチェーンに接続することで、金融の再構築を目指しています。

Wanchainは、異なるブロックチェーン間を繋げることが出来る金融プラットホームといわれており、クロスチェーン転送を実装することで、異なるブロックチェーン間でのデジタル資産の取引を可能にします。
中国版リップルと言われていますが、リング署名、ワンタイムアドレスやプライベート・センドなどの機能があり、リップルよりも匿名性の高いことが特徴です。

Wanchainの代表的機能として

・クロスチェーン機能
・通貨のブリッジ機能
・匿名性機能
・スマートコントラクト貸出機能 

wanchain(ワンチェーン/WAN)の最新価格・相場・チャート・評価

 

 

Wanchain(ワンチェーン/WAN)の特徴

特徴1:クロスチェーン機能

ビットコイン・イーサリアム・EOS・NEO・ADAなど、現在は様々な仮想通貨があります。 これら仮想通貨は各々に素晴らしい機能がありますが、お互いの相互性がないということが問題点として挙げられます。
つまり、一つのブラックチェーン上の記録を別の種類のブロックチェーンでは利用することが出来ません。

・イーサリアムを使ってゲーム代を払った記録は、ビットコインのブロックチェーンでは確認できない
・Rippleで送金しても、イーサリアムでは送金記録を確認できない
・イーサリアムでのスマートコントラクトは、他の通貨では実行できない

などの不便性が生まれます。
仮想通貨の種類の数だけ、それぞれ把握・管理しないといけなくなります。
今後、何十種類ものブロックチェーンを使うこといなれば、かなり大変な労力がかかります。

そういったことから、違ったブロックを繋ぎより便利で使いやすく、インフラを整備するための仕組みの一つがこのクロスチェーン機能です。

クロスチェーン接続においては、たとえばEthereumで設定したスマートコントラクト「契約」情報を他のアルトコインで実行できたり、この際に使われるETHも、他のアルトコインに移動できます。

具体的な仕組みを話すと、コイン(情報)の移動では以下のような手順を踏みます。

①橋渡しする元のブロックチェーンをWanchainに登録させる
②登録したチェーンにおいて、転送する資産を登録する
③Wanchain上で元のブロックチェーン上の資産をロックして使えないようにする
④移転先のブロックチェーン上では、スマート・コントラクト・トークンと言う形で移動元と同等のトークン量(情報)を保持する

 

Wanchain上で、移転元と移転先のトークンや情報をスマートコントラクトでつなげているような状態になります。

特徴2: 匿名性機能

Wanchainの匿名性は、

  • 「リング署名」
  • 「ワンタイムアドレス」
  • 「プライベート・センド

これら3つの機能により構築されています。
リング署名では複数名で一時的な使い捨てのワンタイムアドレスを発行し、署名自体も複数名の秘密鍵を組み合わせて署名されます。そのため、「グループの中の誰かのトランザクション」であることまではわかりますが、人物を特定することができません。
さらには、プライベート・センド機能をつかって、トークン送信者のコインを1つのプールに集め、シャッフルして共同で送信するようにみせることで、送信者の特定をさらに困難にします。

特徴3:Rippleとの違いとして、非中央主権的である

リップル(XRP)は「国際送金をする際に他国の通貨に両替して送る」という面倒な手続きを踏まず、XRPという通貨を介することで簡単に送金できます。

Wanchaineも同様に、違うコイン同士を繋げてることができるため、異なる通貨での送金を簡単に行うことが出来ます。

大きく違う点は、
・通貨に限らずあらゆるブロックチェーンを繋ぐ
(これらの中には、スマートコントラクト機能も含まれます)
・匿名性…送受信者が分かりにくい仕組みが組み込まれている
・さらに、Pippleが現在の所、PoWの承認者をRipple Inc.が管理するノードリストか選択していることから、承認者のほとんどがRipple Inc.が管理しているサーバーであるといえることから、中央集権的であると言われていることに対して、Wanchaineは非中央集権として確立していると言われています。

Wanchain(ワンチェーン/WAN)の詳細

発行上限枚数:2億1,000万

承認方法:PoS(Proof of Stake)

公開日:2018年3月

公式サイト:https://www.wanchain.org/

wan ウォレット: https://www.wanchain.org/product

Wanchain(ワンチェーン/WAN)の評価

Wanchainの将来性

ブロックチェーンの数が市場で増加するにつれて、この仮想通貨の価値も高まります。

将来性としての好材料は、AlonとIconとの提携です。

これらの3つのプロジェクトは、異なるブロックチェーンをより相互につなげるという共通の目標を持っており、BIA(Blockchain Interoperability Allianceーブロックチェーン相互運用性連合)と呼ばれる同盟を組んでお互いを支援し合っています。

Ethereumプラットフォームのフォークとして、WanchainはEthereumと同様に機能することができます。

Wanプラットフォームは、ERC20トークンではありませんが、スマートコントラクトを提供します。

リングシグネチャ、ワンタイムアドレス、プライベートセンドなどの特別な機能により、競合他社に比べて信頼性と信頼性が向上します。

これらのことから、今後に期待が持てる通貨であると言えますが投資家達はIconブランドの方を好むかもしれません。

おすすめ取引所

  1. Binance
  1. Bitrue
  2. Huobi