Solanaの合成資産プロトコルで注目のSynthetifyをチェック

Synthetify DeFiプロジェクト

イーサリアムの合成資産プロトコルSynthetixは、特定の資産のエクスポージャーを得たい時にスリッページのない無制限の流動性を利用できる点で、優れたユースケースを提示しました。同様に、Solana上の合成資産プロジェクトとしてSynthetify をご紹介します。

Synthetify(SNY)

SynthetifySNY)は基本的にSynthetixと同じ機能を備え、Solanaブロックチェーン上で、より安価なコストと迅速な取引が利用可能です。SNYトークンを担保にSyntheticUSD等の合成資産をミント(発行)  できます。SNYステーカーは手数料とインフレ報酬を受け取ります。Synthetifyは現在、テスト版を公開しています。

Synthetifyの開発者チームはSolanaのハッカソンで2位を獲得し、SBF、Serum、SolanaFoundationといったVCにサポートされています。SynthetifyのトークンSNYはまだ公開されておらず、IDO / IEOが計画されています。

Synthetifyとは別のSolana上の合成資産プロトコルとして、金やウランなどのコモディティにフォーカスしたFabric (FAB)も構築されています。こちらは匿名チーム が主導し、ファンディングは無く、よりコミュニティに根付いたアプローチを取っています。エアドロップを行い、3,800 FABをCOPE 保有者に配布しました。