NFT

注目の【動いて稼ぐ】メタバース|Genopetsがベータ版テスト参加者を募集

GENOPETS

Genopetsはβ版の参加者募集を開始しました。β版の参加者は徐々に招待され、優先的にGenesis Genopets(NFT)の保有者、DNAメンバー(VIPのDiscordグループ)、GENE Tokenのステーカー、Guildパートナーから利用可能になります。

Genopetのプライベート・ベータ版

Genopetsは1月20日からプライベート・ベータ版を開始する計画です。ベータ版ではテストとフィードバックが中心となり、積極的な参加者にはGENEトークンの報酬が用意されています。ベータ版の参加者は段階的に招集され、少人数でのスタートとなります。

Genopets(NFT)保有者も優先されるため、GenopetsのGENESISシリーズをMagic Eden などのマーケットプレイスで購入しておくと良いでしょう。GENESISシリーズは3224体の限定版でありレアリティも設定されています、通常のGenopets(後述)とは違い特別なものとなっています。

Genopetsとは?

Genopets-Gameplay「Genopets」はSolanaブロックチェーン上に構築されたGameFiで、「Move to Earn(動いて稼ぐ)」ゲームとして特徴付けられます。ゲーム内容はポケモンとたまごっちとフィットビットを組み合わせた形で、スマートフォンやフィットネスウェアラブルで取得したデータによりゲーム内のGenopetsNFTをレベルアップさせます。

プレイヤーはペットを召喚し、Genoverseでクエストを行い、隠された土地を探索したり、戦利品を見つけたり、アイテムをクラフトしたり、他のプレイヤーとバトルしたりすることができます。ゲーマーが現実世界で歩き回ってNFTをレベルアップさせ、その成果をパブリックマーケットで販売することができることから「move-to-earn」と呼ばれています。

Genopetsの経済圏

プレーヤーが無料でゲームに参加する場合、十分な運動を通してGenopetsに「sweat equity」を付与し、Genopetsの販売から収益を得ることができます。しかし、早期に育成するにはアイテムNFTを購入する必要があります。Genopets のゲームアイテムは7 つの要素で構成されています。

  • GenopetNFT – 77レベルのアップグレードと12段階の物質進化を経ることができる幼い生物。無料でミントでき、売却可能。経験値とカスタマイズにより能力と外観が進化するGenopets
  • KI トークン – 報酬として使用されるユーティリティートークン。CrystalやHabitatを作成する際に使用する
  • XP – GenopetsNFTのメタデータのステータス、活動によって増加する
  • GENE トークン – Genepetsのガバナンストークン、ステーキングによりKI、XPの生成を加速できる。SolanaとBSCブロックチェーンで流通
  • Refined Crystals– GENEとKIとHabitatを使用して作られたNFT、Genopetsの進化を加速させ、属性や能力に影響する
  • Augment NFT – Genopetsのパフォーマンス向上に使用されるアクセサリー
  • Habitat – GENE、KI、Crystalsを使用して購入または作成できるNFT。各ウォレットに最大3つ保有できる。

Habitat(生息地)の用途

Habitat

興味のあるプレーヤーは無料でGenepetsを育て、その過程で稼ぐことができますが、進行を加速したい場合は「Habitat」と呼ばれるGenopetsの生息地を維持する必要があります。各Habitatにはジェノペットが1体ずつ入り、Crystalを生成し、KIトークンを獲得します。

さらにHabitatを他のゲーマーにリースして、プロセスを支援しながら追加の収益を得ることもできます。そのため、Habitatは適切なメンテナンスを必要とし、KIトークンの生成を維持する必要があります。

基本的な攻略方法

GenopetsNFTゲームの無料と有料の境界線はHabitatであり、Habitatの購入により行動パターンは大幅に拡大します。Habitatの購入によりGenopetsの価値を高め、KIトークンとXPを獲得し、ゲームを素早く進行できます。プレイヤーはGenopetsやGene Crystalsの販売、そしてHabitatの販売から収入を得ることができます。

GENEトークンの割り当て

Gene distribution chartGENEの総供給量は1億枚で、Bybit Launchpadを含むパブリックセールで1500万枚(総供給量の1.5%)が販売されました。そのほかプライベートセール、パブリックセール、チームとアドバイザー、コミュニティとプレイトゥアーンの4つに配分されています。公開セールに割り当てられたトークンを除くGENEトークンはロックされ、1〜5年の期間にわたって直線的に配布されます。

 

Genopetsは2022年中にローンチ予定ですが、具体的なスケジュールは明かされていません。メタバースに「動いて稼ぐ(Move to Earn)」という新たなコンセプトを追加しているGenopetsは、ゲームだけでなくスポーツ愛好家からも注目を集めるでしょう。サッカー元日本代表の本田圭佑選手もプレイすることを待ち望んでいると表明しています。

情報源

公式サイト

Whitepaper

Medium