NFTとは何か?OpenSeaで始めるNFT入門

NFT

注目を集めるNFTとは

現在NFTが注目を集めています。NFTとはNon Fungible Tokenの略で、日本語では非代替性トークンとも呼ばれます。

日本のVRアーティスト、せきぐちあいみさんの作品が1300万円で落札され、先日は村上隆さんもNFT作品「Murakami.Flowers」を公開し、着々とNFTは拡大の一途をたどっています。

NFTとはなにか? わかりやすく解説

ではNFT(Non Fungible Token)とは何でしょうか?

非代替性トークンと言われても、イメージが湧きにくいと思います。ざっくりまとめると、『一点物としての価値をデジタル上で証明する』ものです。

今までのデジタルデータはコピーや改竄が容易で、海賊版や違法コピーが出回っていました。しかしブロックチェーン技術により、デジタル空間でもコピーや改ざんが困難になりました。

代替不可能なトークンは唯一無二の「一点もの」としてデジタル上で価値を持つのです。それにより、デジタル空間上で自由に売買が可能になっています。

また、今まではアーティストが一度絵を販売すると、それ以降は自身の絵が取引されてもお金は入ってきませんでした。

しかし、NFTにプログラムすることで絵が売買されるたびに、アーティストにロイヤリティが入ります。

NFTアートを出品してみよう

ここまででNFTについて概要を説明しました。

NFTはNon Fungible Tokenの略で、デジタル空間上で一点物としての価値を証明することができます。それにより複製の危険性がなくなり、唯一無二のものとして価値を持つようになるわけです。

それではここから実際に自分でNFTを作成して、出品してみましょう。

NFTアート出品に必要なもの

ETH:

NFTは基本的にこEtrhereum上で発行されています。ガス代、つまり手数料としてETHが必要です。Coincheckなどの国内取引所で購入し、後述するMetamaskウォレットに送金しておきましょう。

Metamask:

一番使われているウォレットです。Chromeでのセットアップがおすすめで、使い方はこちらの記事をご覧ください。

MetaMask/メタマスクの導入(Google Chrome)

Metamaskのアカウントを作る際に、12のフレーズをメモする必要があります。それだけは絶対にメモして、なくさないようにしてください。

NFTマーケットプレイス:

ゲームアイテムやアート作品などのNFTを販売するためには、マーケットプレイスを利用します。

マーケットプレイスとはNFTを直接売買できる場所で、ヤフオクやメルカリのイメージでしょうか。

今回の記事では手数料が抑えられて、誰もがNFTを発行、売買できる最大のNFTマーケットプレイス、OpenSeaの使い方をご紹介します。

OpenSeaとは?使い方を解説します

OpenSeaは2017年12月に創業されました。マーケット上でブロックチェーンゲームのキャラクター、アイテムの交換を可能です。

主にEthereumブロックチェーン上で動作する最大のNFTマーケットプレイスです。月次取引高は2021年1月に約8億円だったものが、2月に約100億円となりました。

2021年3月に資金調達も行っているため、今後機能の追加や、新しい企業との提携が進むと見込まれています。

それではさっそく、アカウントを作成してみましょう。

アカウント設定

①画面右上のアイコンにカーソルを合わせて、AccountSettingをクリック

②Metamaskでサインイン(署名)

署名というと少し怖い感じもしますが、本人確認のことなので、心配いりません。

③個人情報を登録

ここでは「ユーザーネーム」「アドレス」を入力して、「Save」をクリックすれば大丈夫です。

コレクションの設定

次にコレクションの設定を行います。これは自分の作品を追加していくフォルダのようなものです。まだNFT作品をアップロードする前の段階なので、注意してください。

①Create→My collections

②「Create」をクリックすると、利用規約が出てくるので、「PROCEED」を選択します。

③「ロゴ」「コレクション名」、「Description(説明)」を入力して「Create」

これでアイテムを追加するフォルダができました。ここにあなたの作品を追加します。

NFTを発行

①フォルダ内の「Add New item」をクリック

②画像→Name→Create

作品の画像と名前、を最低限設定して「Create」をクリックします。

これで作品の作成が完了します。次に作品の販売を開始しましょう。

作成したNFTアートを出品

販売方法には「固定価格」や「オークション方式」などがあります。

この記事では初めてNFTを販売する人におすすめの、「固定価格」方式を説明していきます。

①先ほど公開した作品の「SELL」をクリック

②「Set price」をクリックして「価格」を入力し、「Post your Listing」をクリックします

③Metamaskの確認

最初はガス代がかかります。最近では1回の取引で1万円前後かかるでしょうか。

大きな出費ではありますが、二回目以降の出品にはガス代がかからないのがOpenSeaの特徴です。

コレクションの利率を設定

①先ほど作成した「Collections」を開くと「EDIT」というボタンがあるのでクリックします。

②「Commission」という部分があるので、何%にするか指定しましょう。一般的には10%前後に設定されるようです。

※Commissonとは、二次流通が行われた時に作者に入る手数料の割合です。

お疲れさまでした。これであなたもNFTアートデビューです。

OpenSeaで始めるNFT入門:まとめ

ここまでNFTの概要から、NFTを発行する方法までを見てきました。NFTはアートだけでなく、不動産の所有権や、ダンス、カードゲームなどの分野での活用も見込まれています。アーティストやさまざまな業種の個人にとってNFTは新たなきっかけとなりそうです。