IOSTがポルカドットと連携|DeFiエコシステムの接続のため、DOT―IOSTブリッジを構築

DeFiプロジェクト

IOST(IOST)が5日、Polkadot(DOT)とのチェーン間通信に関連するパートナーシップを発表しました。IOSTはリリースで、互いのDeFiエコシステム間の接続を可能にするDOT―IOSTブリッジの構築が最終フェーズに入ったことを説明しています。

IOSTのクロスチェーン能力

2つのブロックチェーンの連携により、情報、トランザクション、資産価値の移転が可能となるという。PolkadotのSubstrate機能を使って展開された「パラチェーン」との連携も可能となる目論みです。現在、Polkadotのテストネット環境で多くの機能が正常に稼働しているという。

ブリッジがメインネットに実装されると、まずはPolkadot側のユーザーや開発者がIOSTのDAppsにシームレスにアクセス可能となります。将来的には、Polkadot側の独自機能や利点がIOSTアーキテクチャー上で重要な役割を担うようになります。

2020年下半期にIOSTファウンデーションは、DeFiエコシステムを優先するためにロードマップを変更しました。クロスチェーンDeFiの面では、この1月にはHuobi HUSDステーブルコインを統合していました。

Polkadotはアプリ開発者が他の台帳と通信可能な独自のブロックチェーンを作成できる分散型プラットフォームです。IOSTの共同創設者のJimmy Zhong氏はPolkadotの統合により、ユーザーと開発者に流動性を追加できると期待を寄せています。

・ソース:Medium