LuckyADA($LUCADA)とは何か?持っているだけで$ADAがもらえるリフレクショントークンを解説

DeFi
LuckyADAは$ADAのリフレクショントークンです。ユーザーは$LUCADAを保有しているだけで、$ADAを自動的に獲得することができます。 $ADAは最近DeFi・NFTのエコシステムを拡大しており注目を集めている暗号資産です。

リフレクショントークンとは?

リフレクショントークンはトランザクションに手数料が課され、その手数料の一部がトークン保有者に配分されるメカニズムのトークンです。BabyCakeなどが有名です。

LuckyADAの特徴

◇LuckyADAの特徴1:売買のたびに手数料の7%が$ADAで再配布

$LUCADAの売買が発生するごとに、7%がトークンホルダーに$ADAで配布されます。報酬は自動的にウォレットに入るため、手動でClaimする必要はありません。報酬を受け取りには最低でも2000枚の$LUCADAが必要です。

◇LuckyADAの特徴2:3%の手数料がPancakeSwapの流動性プール

全ての取引手数料の3%がPancakeSwapの流動性プールに送られます。これにより価格の安定性が保たれます。

◇LuckyADAの特徴3:スカラーシップ

LuckyADAは全ての取引の2%を活用してスカラーシップ制度を提供します。スカラーシップ制度とはAxieInfinityなどのPlay to Earnのゲームをプレイする際に必要な高額NFTを貸し出す制度のことです。 例えばAxieは東南アジアの低所得層の人々の生活の手段となっている場合もありますが、このゲームを始めるには数万円の初期投資が必要です。この初期投資は所得の低い地域の人にはなかなか払えるものではありません。 そこでNFTを貸し出すことで、そのような人々がPlay to Earnのゲームをする機会を提供します。LuckyADAはAxieInfinityを皮切りに、他のゲームでもスカラーシップを提供する予定です。

LuckyADAの$LUCADAトークンの買い方

基本的な流れはPancakeSwapでトークンの交換をする時と変わりません。
まだPancakeSwapを使ったことない、という方はこちらの記事を参考にしてください。

公式サイトの「BUY LUCADA」をクリックして、PancakeSwapで$LUCADAを購入

スリッページを最大18%まであげておく必要があります。そのため、トークンの購入も多めにしておかなくてはいけません。2300枚の$LUCADAで取引したところ、ウォレットには1980枚ほどしか届いていなかったので、2500枚以上交換することをお勧めします。

$ADAをウォレットにインポート

保有しているだけで$ADAが届くので、ADAトークンをウォレットにインポートしておきます。
MetaMaskの下側にある「Import Token」をクリックして、下記のアドレスを入力すれば完了です。 0x3EE2200Efb3400fAbB9AacF31297cBdD1d435D47

LuckyADA:まとめ

LuckyADAは$ADAのリフレクショントークンです。$LUCADAを保有しているだけで$ADA(BSC)が自動的にウォレットに増えていきます。 今後はプロジェクトの拡大に伴って、スカラーシップの開始や、他のCardanoプロジェクトとの提携、NFTのローンチなどを予定しています。