ガス代に応じたトークンエアドロップ‐fees.wtfの紹介システムとは?

DAO

イーサリアムユーザーが今まで支払った手数料を確認できるサイトfees.wtf が、ガバナンストークン$WTFを発行しました。WTFは0.1ドル前後で取引されており、5000枚であれば5万円前後の給付金となっています。エアドロップを申請した人はWTFトークンと併せて「WTF NFT」をゲットでき、WTF NFTの保有者はプロ版を利用できます。

Dextool
プロ版のfees.wtf

今後リリース予定のプロ版のfees.wtf はマルチチェーン対応となり、スマートコントラクトの内訳やランキングなど、多彩な情報が閲覧可能になります。プロ版にはWTF NFTを取得している限りアクセス可能です。

エアドロップ

fees2

WTFトークンの最大発行量は17億1600万枚、その96%がエアドロップで配布され、残りはステーキイング・LP報酬などに振り分けられます。WTFトークンのエアドロップはブロック番号13916450以前に0.05 ETH 以上を支払ったことのあるアドレスが対象となります。エアドロップの資格は公式サイトから確認できます。

0.01 ETH の手数料とリファラルリンク

エアドロップを受け取る際に、tx手数料とは別に0.01ETHをプロトコルに支払います。これはリファラーへのキックバックとWTF開発チームで折半されます。開発チームは口コミマーケティングを狙ってリファラルリンクを導入しました。リファラーはWTFをバーンすることで、キックバック率を最大50%までアップグレードすることができます。WTF

WTF DAO

WTF保有者は、 WTF DAOのトレジャリーの使用用途やプロジェクトの全体的な方向性に関する提案・投票に参加することができます。

WTFトークンの市場での購入は現状では安全ではない場合があります。UniswapのWTF-WETHプールは流動性が小さいため、スリッページが高く、不用意に高額での購入になってしまう場合があるため注意しましょう。

Whitepaper