DeFi投資の自動化プラットフォームVesper ローンチ| ガバナンストークンVSP リリース

DeFiプロジェクト

2月17日にDeFi投資を自動化するプラットフォームVesperがローンチしました。ETH、USDC、WBTCのプールがオープンしており、ガバナンストークン(VSP)がリリースされ、SushiswapとUniswapに上場しています。

Vesperは投資家の資金を様々なプロトコルに分散させることで利回りの最適化を目指しています。ユーザーがETH、WBTC、USDCのプールに資金を預けると、各資金は他のDeFiプロトコルに送信され、金利とVesperのガバナンストークン(VSP)を蓄積します。ベータ版でVesperはCompound、Maker、Aave、Uniswapを統合しており、755以上のユーザーから総額2800万ドル相当の資産が預けられました。

トークノミクス

総発行量は1000万 VSP、インセンティブ付きローンチプールが255万VSPとなっています。100万VSPは流動性提供者に割り当てられ、そのうち60万VSP(60%)はSushiSwap、40万VSPは1InchのVSP-1INCHプール(+15万1INCH)で1年間かけて配布されます。350万VSP(35%)はVesperチーム関連に割かれ、12ヶ月間かけて権利確定されます。

セキュリティ

Vesperのスマートコントラクトは全て、CoinspectとCertikの監査を受けています。以降にチームとコミュニティに開発された新たなコードは、追加で監査を受けます。

レベニューモデル

生成された利回りの15%がプラットフォーム手数料として収集され、プールシェアとしてトレジャリーに送信されます。ユーザーがVesperプールから出金すると、出金総額の0.6%が手数料として徴収され、公開市場でVSPに交換されてトレジャリーに送られます。これらの手数料の5%は戦略開発者に支払われ、残りの95%はVSPトークンのステーキング参加者のvVSPプ―ルに分配されます。

まとめ

Vesperは初期のビットコインコア開発者Jeff Garzik氏が設立しており、HCM Capital、CMT Digital、A195 Capitalなどの出資を受けています。ユーザーにとって時間と取引手数料の節約が期待できる点で、VesperはYearn.Financeと比較できます。将来的により多くのプールが追加され、ユーザーがプラットフォーム上で戦略を提案することができ、そのプールから収益の一部を受取れるようになります。

また、Vesperの新製品「Vesper Earn Pool」は、イーサリアムでステーブルコインを稼いだり、獲得した資産を慈善団体やGitcoinの助成金に振り向けるなど、使い方に柔軟性を持たせているといいます。Jeff Garzik氏は、コミュニティの参加と開発を奨励するエコノミクスにより、持続可能なモデルの実現を目指していると強調しています。

Vesper詳細