xTokenで最大APR 300%強のファーミング – DeFiトークンの投票・請求をバッジ処理するステーキングシステム

DeFiプロジェクト

xTokenプロトコルは、DeFiを簡素化するためのERC20向けのステーキングシステムを提供します。KNC、SNX、AAVEなどDeFiトークンのラップトークン(xToken)とすることで、ユーザーが預けた資金の複利運用と投票の自動処理が実現します。

ユーティリティ

例えば、KNCのステーキング参加者は2週間のエポック毎に1〜3回のオンチェーン投票を行う必要があります。またETHで支払われる報酬を取得する際にも、エポック毎にCLAIMトランザクションを送信する必要があります。xTokenではバッジ処理でこれらのCLAIMと投票を一括で管理します。

投票に関して、ラップトークン(xToken)には xAAVEaやxAAVEbのように2パターンがあり、投票時のスタンスについて保守的か革新か選択できます。

XTKトークン設計

最大供給量:10億XTK.。まず、過去のユーザーと流動性プロバイダーに過去にさかのぼって供給量の2%(2,000万XTK)を分配しました。最初の流動性提供プログラムは2月26日から10週間実行され、XTKの総供給量の8%を分配します。その後、全体の50%が流動性インセンティブおよびエンゲージメントプログラムで2〜4年にわたって配布されます。またチームや初期投資家への配布も2〜4年にわたって徐々にリリースされます。

xTokenCafe

xTokenはガバナンストークンXTKを10週間の流動性マイニングプログラムで配布しています。参加したいユーザーは任意のxTokenを発行し、Uniswapなどで「ETHとxToken」の流動性を提供してから、xToken Cafeを介してLPトークンをステーキングする必要があります。XTK報酬は6か月間エスクローされます。

xToken MarketでxTokenを入手する際、xKNCaやxKNCaの場合はKNCまたはETHで購入できます。現時点で最もパフォーマンスの高いxTokenファームはxINCHaであり、APR336%となっています。

xTokenは、監査されています。第2四半期にはトークンのネイティブステーキングリターンを獲得しながら、xTokenを担保に資金を借り入れることが可能になる計画です。xTokenにDeFiトークンの基本運用を一任することで資本最大化が可能になり、ユーザーは調査などに時間を費やすことができます。